ピア門からノメンターナ界隈

ピア門からノメンターナ界隈

 

ピア門はミケランジェロが手がけた最後の建築といわれ、またこの門は

イタリア統一運動の時に、ローマに軍隊がここから進入したとして記念碑的な門である。

実際は門から数十メートルの壁を壊したのであるが。

この門からまっすぐ伸びるノメンターナ街道沿いには現在では豪奢な集合住宅が並び、

またこの界隈には大きな公園も点在し、緑が多いエリア。

街道沿いには古代ローマの法に則って、壁の外ということで

地下共同墓地があり、まれに廟を見ることもある。

ローマにとってテヴェレともうひとつ大切な川、アニエネ川が流れているのもこの界隈で、

湧水から飲料水を購入することもできる。

 

折衷様式とも後期ゴシック様式ともとれる、一風変わった建築群も見ることができる。

公園が多いので、美術館がてら、空の下でランチをとるのもおすすめ。

 

 

■このエリアの最寄り駅

 

■お散歩INDEX

 


 

 

 


 

 

 

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ピア門からノメンターナ界隈 遺跡・建築

ボローニャ広場の郵便局 ノメンターノ郵便局

1920-30年代のムッソリーニ政権下における、新しい4つの郵便局の計画のうちのひとつで、 ノメンターナ地区の郵便局として、計画された。 建築家はマリオ・リドルフィで、イタリア合理主義建築の建築の中で、

続きを読む
ポルタ・ピア::城壁内はミケランジェロの最後の建築
ピア門からノメンターナ界隈 遺跡・建築

ピア門

ミケランジェロの最後の建築作品であるポルタ・ピア(ピア門)はリソルジメント、イタリア統一運動で重要な場所のひとつでもある。 教皇統治の街として最後までイタリア統一に抵抗したローマに、

続きを読む
ピア門からノメンターナ界隈 遺跡・建築

不思議な空間、コッペデ地区

トラムや車が行き交うにぎやかなレジーナ・マルゲリータ通りとサラーリア街道が交差する辺りで一本道を入ると不思議な空間に出会います。 それが典型的なローマの街並みではないから不思議と表現されるのではなく、

続きを読む