トラステヴェレとジャニコロの丘

 
 
 
 
トラステヴェレとジャニコロの丘
トラステヴェレはテヴェレの向こう、という意味で、古代ローマ時代は
今のシリアの出身のエリアであったという。
下町エリアといわれるこの界隈は今日でも地元の人はもちろん、
外から来る人にも魅力的なエリアである。
トラステヴェレ通りには大きな建物が並んでいるが、
一歩入ると、時が止まったような街角に出会うことが多く、
地図を持たずに散歩したいエリア。
もちろんおいしいものにもたくさん出会うことができる。
トラステヴェレの後ろにはジャニコロの丘が控え、
ローマの8つめの丘、とも言われるこの丘の上にのぼると
ローマの街が一望でき、また日が沈む時間帯に見る
オレンジ色に染まったローマは美しい。
丘の上は、イタリア統一運動の英雄たちの胸像や
愛国者の碑が並んでいる。
B&Bも多く、空港からもトラステヴェレ駅に列車一本で着くので
この界隈に宿をとるのも悪くない。
トラムの8番が遠っているので、パンテオンやナヴォナ広場の界隈に行くのも
テルミニ駅周辺より近い。
このエリアの最寄り駅

お散歩INDEX

 

 

つづく



ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

トラステヴェレとジャニコロの丘 遺跡・建築

モレッティの青年の家

蚤の市で知られるポルタ・ポルテーゼがある通りに、ルイジ・モレッティの「トラステヴェレの青年の家」と呼ばれるユースホステルであった建物がある。現在はそのホールは展示のための空間となっていて、建築にちなんだ企画展などが催されている。

続きを読む
トラステヴェレとジャニコロの丘 教会

ローマで最も古いキリスト教会のひとつ、サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ教会

トラステヴェレ界隈の中心といえば、ここサンタ・マリア・イン・トラステヴェレ広場と そこに面する教会であろう。 ローマで最もふるいキリスト教会のひとつである。キリスト教が正式に宗教として認められてから

続きを読む
エリア トラステヴェレとジャニコロの丘 遺跡・建築

ガリバルディ義勇軍兵士の納骨堂

”ローマのために戦った戦死者に”と彫られたモニュメントがジャニコロの丘の上に建っている。イタリア統一運動で最後までイタリア統一に抵抗したローマのために命を落とした戦士たちの墓碑である。1849年、ナポレオン3世が送ったイタリア統一運動の戦いに加わった中には、ニーノ・コスタやゴッフレード・マメリら、若い芸術家も含まれた。ニーノ・コスタは絵画の印象派にも影響を与えた画家のひとりであり、マメリはイタリアの国家の作詞者としても名が通っており、イタリアの国家はマメリの歌と呼ばれる。

続きを読む