フラミニア

かつてヨーロッパの人々がローマに旅するときはポポロ広場の北にあるフラミニオ門からローマに入った。

真っ先に見えるのは双子の教会。

フラミニア門からまっすぐ伸びるフラミニア街道はミルヴィオ橋でテヴェレ川を渡る。

ここで旅人はローマに別れを告げたという。

古戦場で有名なこの橋もここ数年は恋人たちの聖地になっており、

南京錠ールケットが誓いとしてかけられている。

南の庶民的なエリアに比べてピエモンテ風の装飾の多い大きなパラッツォが並ぶ。

最近ではザハ・ハディドの国立21世紀美術館がオープンし、レンゾ・ピアノの音楽ホールから、近代建築、イタリア合理主義の建築が見ることができる、

ちょっとした建築ミュージアムエリアとなっている。

 

このエリアの最寄りの駅

 


 

メトロA線 フラミニア駅

 

お散歩INDEX

 


 

 

 

つづく

 

 


 

 

 

 

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

フラミニア街道 遺跡・建築

古戦場か恋人の聖地か、ミルヴィオ橋

歴史の上では古戦場として、恋する若者の間では、話題のピークが過ぎたにしても恋人の聖地として有名な橋。 ポポロ広場から北にのびるフラミニア街道をまっすぐ北上して テヴェレ川を渡るところがミルヴィオ橋。 16世紀に増え始めた […]

続きを読む
フラミニア街道 遺跡・建築

ネルヴィのパラッツォ・デッロ・スポルト

宇宙から降り立ったような体育館、パラッツォ・デッロ・スポルト。ピエルルイージ・ネルヴィ設計の体育館。 近代建築史に登場する作品。 1960年のローマ・オリンピックにむけて建設されたもののひとつ。 360度をギャラリーに囲 […]

続きを読む
フラミニア街道 遺跡・建築

スタディオ・オリンピコとフォロ・イタリコ

1960年に開催されたローマオリンピックで競技会場となった複合スポーツ施設。その起源はファシズム時代に遡る。当時はムッソリーニのフォーラムと呼ばれていた。 現在でも施設の入り口にはムッソリーニの 名が刻まれた巨大なオベリ […]

続きを読む