ボルゲーゼ美術館

緑豊かなボルゲーゼ公園の中にある美術館。
建物の詳細はこちらで。

ルネッサンス期のラッファエッロ、バロック期のカラヴァッジョ、ベッリーニやヴェロネーゼなどヴェネト派の代表作のコレクションから、また、ベルニーニ、カノーヴァといった彫刻家達の代表作もここのみどころ。
ローマに来たら見逃すことはできない彫刻のコレクション。


■ ボルゲーゼ美術館
Museo e Galleria Borghese

Piazzale del Museo Borghese, 5 - 00197 ROMA

入館料 8.5ユーロ(要予約)
Tel 0632810
Fax 0632651329

EUの学生、65歳以上には割引有り
ローマパスでも割引があるが、予約は必要。

予約変更によるチケットの払い戻しは不可。

鑑賞時間:2時間(最大360名)

時間帯
09.00 – 11.00
11.00 – 13.00
13.00 – 15.00
15.00 – 17.00
17.00 – 19.00

オンラインチケット販売はこちら(イタリア語・英語・フランス語)

※この記事の内容は掲載時のものであり、現在と異なる場合があります。

 

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

ピア門からノメンターナ界隈

ピア門からノメンターナ界隈

ピア門からノメンターナ界隈   ピア門はミケランジェロが手がけた最後の建築といわれ、またこの門は イタリア統一運動の時に、ローマに軍隊がここから進入したとして記念碑的な門である。 実際は門から数十メートルの壁を […]

続きを読む
カンポ・ディ・フィオーリ界隈 美術館・博物館

小ファルネジーナ宮殿/ピッコラファルネジーナ〜バラッコ美術館

建物は小ファルネジーナと呼ばれているが、建物にある百合の紋章からファルネーゼ家のものとされていたかららしい。 ところが百合はフランス軍の百合の紋章である。それでも

続きを読む
ピア門からノメンターナ界隈 遺跡・建築

ボローニャ広場の郵便局 ノメンターノ郵便局

1920-30年代のムッソリーニ政権下における、新しい4つの郵便局の計画のうちのひとつで、 ノメンターナ地区の郵便局として、計画された。 建築家はマリオ・リドルフィで、イタリア合理主義建築の建築の中で、

続きを読む