フクロウの館

ステンドグラス::フクロウのデザイン

トルローニア公園内にある、フクロウの館の名で呼ばれる建物は、ここはどこかのテーマパークかと思わせる

独特の雰囲気をもつ。1840年にアレッサンドロ・トルローニア王がジュゼッペ・ジャッペッリに命じて建て、

1938年まで王家の血を引くジョヴァンニ・トルローニア・ジュニアが住んでいた。

 

現在ではローマ・リバティの作品が見られるステンドグラスなどが展示された美術館となっている。

ドゥイリオ・カンベロッティなどの優れた工芸家、芸術家のステンドグラスがデッサンとともに見ることができる。

リバティや工芸が好きな人にはおすすめしたい場所。

スイスのヒュッテのような建物は折衷様式で、古代ローマ時代の柱頭付の柱を装飾モチーフとして使用したり、

ここから近いコッペデ街区に共通するデザインの要素が見られる。

内装には、日本では食器で馴染みが深い、リチャード・ジノリやビレロイ&ロッホの陶磁器タイルを一部見ることができる。

フクロウの館とよばれるいわれの陶器タイルがヒュッテ風の入口の

破風にある。内部のフクロウのデザインのステンドグラスも美しい。

あらゆるディテールが凝った工芸品で埋めつくされている。

ローマではめずらしいリバティを味わうことができる。

 


■ギャラリー

 


■ フクロウの館

 

Via Nomentana,70 Roma

トルローニア公園内

 

テルミニ駅から90番のバス

 

 

トルローニア公園内の美術館

 

貴族の館(カジーノ・ノービレ) ー 王子たちの館 ー ショア博物館建設中

 

※この記事の内容は掲載時のものであり、現在と異なる場合があります。
初投稿日: 2010年6月16日

 

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

外からでも金網越しによく見える::全容がわからないので想像を掻き立てる
トゥスコラーナからチネチッタ 遺跡・建築

セプティミウス・バッススのヴィッラ

ここに来たとき、ローマの街にある古代ローマ時代の遺跡の数の多さを改めて思った。 見渡す限り広がる草原に崩れかけた遺跡。管理所の手間を考えてのことであろう、 常に一般公開されているわけではなく、

続きを読む
トラステヴェレとジャニコロの丘 遺跡・建築

モレッティの青年の家

蚤の市で知られるポルタ・ポルテーゼがある通りに、ルイジ・モレッティの「トラステヴェレの青年の家」と呼ばれるユースホステルであった建物がある。現在はそのホールは展示のための空間となっていて、建築にちなんだ企画展などが催されている。

続きを読む
エリア トラステヴェレとジャニコロの丘 遺跡・建築

ガリバルディ義勇軍兵士の納骨堂

”ローマのために戦った戦死者に”と彫られたモニュメントがジャニコロの丘の上に建っている。イタリア統一運動で最後までイタリア統一に抵抗したローマのために命を落とした戦士たちの墓碑である。1849年、ナポレオン3世が送ったイタリア統一運動の戦いに加わった中には、ニーノ・コスタやゴッフレード・マメリら、若い芸術家も含まれた。ニーノ・コスタは絵画の印象派にも影響を与えた画家のひとりであり、マメリはイタリアの国家の作詞者としても名が通っており、イタリアの国家はマメリの歌と呼ばれる。

続きを読む