MACRO 現代アート美術館

100-macro現代アートをローマで楽しむならこちらの美術館。

MACROはMUSEO D’ARTE COMTEMPORANE ROMAの略。

ローマ現代アート美術館。

ローマの市営美術館の一つ。


macro-3

20世紀の始めに建てられたノメンターノ地区の工場をリノベーションして現代美術館として1999年にオープン。

イタリアのビール、PERONIの工場跡地。外壁にはPERONIの文字が残っている。

macro-2

2009年現在、屋根の部分を拡大改修工事をしており、外観が「現代アート美術館」らしく

Odile Decqのデザインにより拡張工事が進められている。

このエリアにはこの現代アート美術館だけではなく、商業施設やオフィスも兼ねた

コンプレックスが点在している。

現代アートを楽しむということと、工業建築を文化遺産として残して「再利用」という点で

一見の価値がある。

ところ変わって、東京やベルリンなどもビール工場跡地がビアホールになっていたりするが、

ここは現代美術館という形に姿を変えている。

ブックストアやデザイングッズのお店も併設しているので、

鑑賞の後にデザイン好きの人へのお土産やプレゼント探しによいかもしれない。


macro-1MACRO

via Nizza 138

Via Reggio Emilia 54 – 00198 Roma

開館時間   火曜日-日曜日 11.00-19.00

(19.00—21.00 展示場所以外を自由に見学できる)
土曜日      11.00-22.00
※チケット売り場は閉館時間1時間前まで。
閉館日       月曜日、1/1

                    4/6-27

                    (復活祭に基づくものなので毎年要確認)、

                   5/1, 12/25
入館料       12.5ユーロ

                   (留学生や研究を目的としての滞在の人は割引有り。

                    またROMA PASSで割引あり)

     MACRO Testaccioとの共通券は7日間有効で 14.5ユーロ

URL            http://www.museomacro.org/(外部ページにリンク)

別館としてMACRO FUTURE がテスタッチョエリアにある。

こちらはもと屠殺場の精肉エリアの跡地につくられたリノベーション型現代美術館。

MACRO FUTUREはこちら

{mosmap lat=’41.912837’|lon=’12.502259’|text=’ローマ現代美術館 MACRO’}

 

 

 

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

ピア門からノメンターナ界隈

ピア門からノメンターナ界隈

ピア門からノメンターナ界隈   ピア門はミケランジェロが手がけた最後の建築といわれ、またこの門は イタリア統一運動の時に、ローマに軍隊がここから進入したとして記念碑的な門である。 実際は門から数十メートルの壁を […]

続きを読む
カンポ・ディ・フィオーリ界隈 美術館・博物館

小ファルネジーナ宮殿/ピッコラファルネジーナ〜バラッコ美術館

建物は小ファルネジーナと呼ばれているが、建物にある百合の紋章からファルネーゼ家のものとされていたかららしい。 ところが百合はフランス軍の百合の紋章である。それでも

続きを読む
ピア門からノメンターナ界隈 遺跡・建築

ボローニャ広場の郵便局 ノメンターノ郵便局

1920-30年代のムッソリーニ政権下における、新しい4つの郵便局の計画のうちのひとつで、 ノメンターナ地区の郵便局として、計画された。 建築家はマリオ・リドルフィで、イタリア合理主義建築の建築の中で、

続きを読む