ピア門

ポルタ・ピア::城壁内はミケランジェロの最後の建築

ミケランジェロの最後の建築作品であるポルタ・ピア(ピア門)はリソルジメント、イタリア統一運動で重要な場所のひとつでもある。

教皇統治の街として最後までイタリア統一に抵抗したローマに、当時の首都トリノから王家が軍隊を送る。
ローマに進軍するために、ローマ帝国の防衛のシンボルであるアウレリアヌスの壁を破壊する。

これを機にローマも他に遅れること10年、統一イタリアに併合され、その翌年王政下の統一イタリアの首都となるわけである。

現在でもポルタ・ピアの内側には当時の愛国主義をたたえる像が建っており、

狙撃兵歴史博物館となっている。

 

ピア門の壁の外には、いざローマに入らんとする、兵の像があり、

ムッソリーニの言葉が添えられているが、実際は門を突破したのではなく、

ボルゲーゼ公園に寄りの壁をぶち破ってローマに進軍した。

壊された壁にもモニュメントが建っている。

 

 


■写真ギャラリー

 

 

※この記事の内容は掲載時のものであり、現在と異なる場合があります。

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

外からでも金網越しによく見える::全容がわからないので想像を掻き立てる
トゥスコラーナからチネチッタ 遺跡・建築

セプティミウス・バッススのヴィッラ

ここに来たとき、ローマの街にある古代ローマ時代の遺跡の数の多さを改めて思った。 見渡す限り広がる草原に崩れかけた遺跡。管理所の手間を考えてのことであろう、 常に一般公開されているわけではなく、

続きを読む
トラステヴェレとジャニコロの丘 遺跡・建築

モレッティの青年の家

蚤の市で知られるポルタ・ポルテーゼがある通りに、ルイジ・モレッティの「トラステヴェレの青年の家」と呼ばれるユースホステルであった建物がある。現在はそのホールは展示のための空間となっていて、建築にちなんだ企画展などが催されている。

続きを読む
エリア トラステヴェレとジャニコロの丘 遺跡・建築

ガリバルディ義勇軍兵士の納骨堂

”ローマのために戦った戦死者に”と彫られたモニュメントがジャニコロの丘の上に建っている。イタリア統一運動で最後までイタリア統一に抵抗したローマのために命を落とした戦士たちの墓碑である。1849年、ナポレオン3世が送ったイタリア統一運動の戦いに加わった中には、ニーノ・コスタやゴッフレード・マメリら、若い芸術家も含まれた。ニーノ・コスタは絵画の印象派にも影響を与えた画家のひとりであり、マメリはイタリアの国家の作詞者としても名が通っており、イタリアの国家はマメリの歌と呼ばれる。

続きを読む