不思議な空間、コッペデ地区

トラムや車が行き交うにぎやかなレジーナ・マルゲリータ通りとサラーリア街道が交差する辺りで一本道を入ると不思議な空間に出会います。
それが典型的なローマの街並みではないから不思議と表現されるのではなく、例えばよく様式で表現される建築ですが、その表現をしようがない建築群で、おそらくどこの街に存在しても

不思議な空間に感じると思います。

コッペデ地区と呼ばれるこの独特の一画は、フィレンツェの建築家、ジーノ・コッペデにより

1900年代のはじめに設計されました。ローマがイタリア統一後の首都として、このエリアに生まれるあらたな地区との境として、新しい居住エリアを誕生させる意図により計画されました。

このエリアに入るには、まず、ドーラ通りから、シンボリックなアーチをくぐってミンチョ広場に立ってみて下さい。

見渡す建物がコッペデ・スタイルと呼ばれる独特の建物の表情をもっています。
同時代に、このスタイルとは対極にある、合理主義建築がローマの街中に誕生しているのは興味深いことです。
建築としてのスタイルを持たない、あるいは表現できないのは、コッペデが建築家というより、職人と表現されていることに見出せるかもしれません。
このプロジェクトを手がけたときはすでにジェノヴァの実績により、国内で名声はありましたが、新生イタリアの首都、そして長く教皇統治の影響下にあったローマでの仕事は容易でなかったようです。
このプロジェクトにあたりコッペデが求められたものは、「ローマらしさ」
トスカーナに生まれ育ったコッペデなりのローマらしさの追究がこのコッペデ地区につまっています。

ヨーロッパの他との都市と比べて、30年遅れていたとされるローマの文化ですが、
このコッペデ・スタイルの建物はローマのリバティを語るときにしばしば登場します。
職人的と呼ばれるコッペデにして、ローマのリバティに登場するのは当然かもしれません。

900年代に様式をもたなかったイタリアの建築界で、唯一のしかも本人の名前を冠した様式といえます。
ときには折衷様式、新中世様式とも表現されるコッペデ地区です。

しかし、スタイルという言葉に無理やり当てはめるよりも、後に「ドラキュラの館」と表現されたり、ディズニーランド的と表現されたり、ダリオ・アルジェントがそのそのデビュー作「喜びの毒牙(L’uccello delle piume di cristallo)やインフェルノ(Inferno)のシーンで使った場所と表現した方が、このエリアの雰囲気が伝わりやすいかもしれません。

 

エリアの個々の建物は別のところで。

妖精の邸宅
蜘蛛の館
大使館の館
蛙の噴水


■ コッペデ地区
Quartiere Coppede’

Via Dora

トラム(今はバス) 3番など

 

※この記事の内容は掲載時のものであり、現在と異なる場合があります。

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

外からでも金網越しによく見える::全容がわからないので想像を掻き立てる
トゥスコラーナからチネチッタ 遺跡・建築

セプティミウス・バッススのヴィッラ

ここに来たとき、ローマの街にある古代ローマ時代の遺跡の数の多さを改めて思った。 見渡す限り広がる草原に崩れかけた遺跡。管理所の手間を考えてのことであろう、 常に一般公開されているわけではなく、

続きを読む
トラステヴェレとジャニコロの丘 遺跡・建築

モレッティの青年の家

蚤の市で知られるポルタ・ポルテーゼがある通りに、ルイジ・モレッティの「トラステヴェレの青年の家」と呼ばれるユースホステルであった建物がある。現在はそのホールは展示のための空間となっていて、建築にちなんだ企画展などが催されている。

続きを読む
エリア トラステヴェレとジャニコロの丘 遺跡・建築

ガリバルディ義勇軍兵士の納骨堂

”ローマのために戦った戦死者に”と彫られたモニュメントがジャニコロの丘の上に建っている。イタリア統一運動で最後までイタリア統一に抵抗したローマのために命を落とした戦士たちの墓碑である。1849年、ナポレオン3世が送ったイタリア統一運動の戦いに加わった中には、ニーノ・コスタやゴッフレード・マメリら、若い芸術家も含まれた。ニーノ・コスタは絵画の印象派にも影響を与えた画家のひとりであり、マメリはイタリアの国家の作詞者としても名が通っており、イタリアの国家はマメリの歌と呼ばれる。

続きを読む