トリトンの噴水

tritone-iconeバルベリーニ広場の真ん中に立つベルニーニの手がけた噴水。ベルニーニの作品の中でもダイナミックな動きのある作品の一つ。


同じ広場にある「蜂の噴水-Fontane delle Api」とは印象が違う。

 

ギリシャ神話のポセイドン(ローマ神話ではネプチューン)の息子であるトリトンがほら貝を吹く、典型的な姿が表現されている。

トリトンが跪く二枚貝をイルカが支えている。

イルカはかわいらしいイメージがあるのだが、どうも古代、ルネッサンス、バロックを通じて

海獣の獣という文字のイメージが強い。

実際にイルカはそのかわいらしさと反対の本能をもっているらしいが。

tritone-1

 

そのイルカの尾にはバルベリーニ家の紋章の入った盾と、教皇の冠と、そしてペテロの象徴である鍵が美しくからまっている。

バルベリーニ家出身の教皇ウルバヌス8世は、ベルニーニのパトロン中のパトロン。

 

tritone-2

 

1643年にベルニーニによって作られた。

背後にある、Hotel Bernini Bristolはローマの老舗ホテルのひとつ。

 

同じ広場にあるベルニーニの「蜂の噴水」はこちら。

 

 

 


■ トリトンの噴水

Fontana del Tritone

 

Piazza Barberini

 

200px-metropolitana_di_roma.svg メトロ A線 Barberini(バルベリーニ)駅

 

{mosmap lat=’41.903658’|lon=’12.488475’|text=’ベルニーニのトリトンの噴水’}

 

 

※2013年現在修復中。

 

 

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

ローマ発祥の地、パラティーノ 広場・噴水

カンピドーリオ広場

今日ではカンピドーリオと呼ばれているが、ローマ発祥から重要な場所であったカピトリーノの丘の頂上にある広場。教皇ピウス3世の時代に、その命によってミケランジェロが設計した美しい広場。その敷石の幾何学の紋様はロゴにも使われたりもする、ローマの象徴のひとつともいえる。

続きを読む
トラステヴェレとジャニコロの丘 広場・噴水

マスタイ広場とマスタイの噴水

トラステヴェレ大通りに面する、広々とした広場。中央にある噴水は一見ルネッサンス風で、サン・ピエトロ広場の噴水にも似ている。ルネッサンス時代の容姿ではあるが実は

続きを読む
トレヴィの泉とクイリナーレの丘

トレヴィの泉とクイリナーレの丘

トレヴィの泉とクイリナーレの丘トレヴィの泉とクイリナーレの丘 ローマを訪れたことのある人ならたいていが知っているトレヴィの泉と大統領府のあるクイリナーレ界隈をここではまとめておりますが、 地図上ではとても近いですが、高低 […]

続きを読む