カンポ・ディ・フィオーリ

campo-de-fiori-iconeローマできれいに野菜が並んだ絵に描いたような青空市場を散歩するなら、
ここカンポ・ディ・フィオーリ。
広場の一角には大きな花屋さんがありきれい。
広場の名前のフィオーリは


花という意味であるが、もともと一面花畑であったからなど諸説あるが、素敵な名前。
美しい名前とは裏腹に、広場の中央には1600年に処刑された哲学者、
ジョルダーノ・ブルーノの像が建っている。

campo-de-fiori

以前より、欧米の旅行者が多く、夜は地元の建築、デザイン系の地元っ子が集まる
スタンド式のエノテカがあったのだが最近はすっかり旅行者向けのカフェと
モダンな感じの店になってきており、やや残念。
オーナーの好みが伝わってきそうな古い洒落た本屋さんも消えてしまった。

それでもこの界隈は、この広場からテヴェレ川はルネッサンス時代の美しいパラッツォが立ち並び、
画廊などが充実している。
広場につながる細い道は職人が多く集まる中世の建物が残る貴重なエリアでもある。
広場に面する、いつも列をつくっている釜焼きのパン屋さんもおすすめ。

このエリアには宿が多いのと、歴史的地区の中心であるにもかかわらず、アクセスがいいので、
ここに宿をとるのも悪くない。
早起きの朝のお散歩が楽しくなる。

フィウミチーノ空港からも、ローカル線(fr1線)でTrastevere(トラステヴェレ)駅で
下車してトラム8番でLargo di Torre Argentina(ラルゴ・ディ・トッレ・アルジェンティーナ)
で下車すればすぐ。

 

campo-de-fiori-1

campo-de-fiori-2

 


■ カンポ・ディ・フィオーリ

Campo de’ Fiori

 

Piazza Campo de’ Fiori

 

{mosmap lat=’41.895505’|lon=’12.472213’|text=’色とりどりの野菜と花の市場、カンポ・ディ・フィオーリ’}

 

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

カンポ・ディ・フィオーリ界隈

カンポ・ディ・フィオーリ界隈

カンポ・ディ・フィオーリ界隈 ローマっ子に外国人だらけのエリア、と揶揄されつつも、 ルネッサンスのパラッツォと職人の工房のある中世の建物がところどころ残ったエリアが共存している面白いエリア。 なんといってもカンポ・ディ・ […]

続きを読む
カンポ・ディ・フィオーリ界隈 美術館・博物館

小ファルネジーナ宮殿/ピッコラファルネジーナ〜バラッコ美術館

建物は小ファルネジーナと呼ばれているが、建物にある百合の紋章からファルネーゼ家のものとされていたかららしい。 ところが百合はフランス軍の百合の紋章である。それでも

続きを読む
ローマ発祥の地、パラティーノ 広場・噴水

カンピドーリオ広場

今日ではカンピドーリオと呼ばれているが、ローマ発祥から重要な場所であったカピトリーノの丘の頂上にある広場。教皇ピウス3世の時代に、その命によってミケランジェロが設計した美しい広場。その敷石の幾何学の紋様はロゴにも使われたりもする、ローマの象徴のひとつともいえる。

続きを読む