サンタ・サビーナ聖堂

sabina-icone

閑静なアヴェンティーの丘の上のこの教会は典型的かつ代表的なローマにおける初期キリスト教建築のバジリカ様式の聖堂。
入り口に飾られている大きな木製扉は5世紀のもので、この見事な木製の扉が今日までよく残されている。


糸杉でできたこの大扉には聖書が彫刻によって描写されている。

文字が読めることが当たり前でなかった時代に、

人々はこうして図象を理解することで聖書を解釈していった。

中に入るとまさにがらんどうの空間。

身廊と側廊をわけるコリント式の柱の上には彩色による幾何学の装飾がある。

バジリカ様式の聖堂は建築の構造上、中廊の上部にかろうじて明りとり的な窓がとれるだけなので、

内部はあまり明るくない。

一部の墓碑のモザイクがコズマーティ様式となっている。

床の大理石が割れてしまったと思われる箇所を補修してあるところ、

時代を感じさせてくれる。

後陣に向かって近づいていくと、シンプルなデザインのモザイクの中に墓碑がある。

コズマーティ様式の大理石装飾。

彫られた文字がゴシック体であることと、コズマーティ様式の大理石装飾から、

緻密に描かれた聖人の墓碑は中世のものでることがわかる。

聖堂内部の壁にも中世のゴシック文字があることから、建物の部分の歴史がわかる。

サンタ・サビーナ聖堂があるこの一帯、アヴェンティーノは

ローマ7つの丘のひとつにして、とても閑静なエリア。

人は少ないものの、怖い雰囲気はない。

他にも鍵穴で有名なマルタ騎士団の館やオレンジ公園の名で親しまれる

眺望が素晴らしいサヴェッロ公園、バラ園などのんびりとした散策に

おすすめのところがある。

丘をチルコ・マッシモと反対側に下りれば、雰囲気がまったく異なるローマの台所、

下町テスタッチョ

近くの「真実の口」まで来たなら、ぜひ足を延ばしてみてほしい素敵な散策エリア。


 

■ Basilica di Santa Sabina

サンタ・サビーナ聖堂

Piazza Pietro d’Illiria, 1  Roma

{mosmap lat=’41.912837’|lon=’12.502259’|text=’初期キリスト教建築の代表作、サンタ・サビーナ聖堂’}

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

トラステヴェレとジャニコロの丘 教会

ローマで最も古いキリスト教会のひとつ、サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ教会

トラステヴェレ界隈の中心といえば、ここサンタ・マリア・イン・トラステヴェレ広場と そこに面する教会であろう。 ローマで最もふるいキリスト教会のひとつである。キリスト教が正式に宗教として認められてから

続きを読む
チェリオの丘とサンジョヴァンニ界隈 教会

サンタ・クローチェ・イン・ジェルサレンメ教会

教会の姿は比較的新しい様相であるが、由緒は古く、そして貴重な聖遺物が納められている、ローマ7教会のひとつである。 ジェルザレンメはイタリア語でエルサレム。エルサレム十字架教会となる。 古代ローマ帝国の時代にキリスト教を国 […]

続きを読む
チェリオの丘とサンジョヴァンニ界隈 教会

丸い教会、サント・ステファノ・ロトンド教会

ローマでは最も古い時代のキリスト教会 のひとつである。住宅も少ないため、人も少ない緑に囲まれたところにひっそりと佇む。道から少し入ったところにあり、緑にも覆われているため、教会の全体の姿を外から見分けるのは難しいが、

続きを読む