真実の口はここ、サンタ・マリア・イン・コスメディン教会

映画「ローマの休日」ですっかり有名になったBocca della Verita’こと真実の口の方がすっかり有名にになってしまったかもしれない教会。
ともすれば、真実の口に手を入れて写真を撮ってそのまま踵を返してしまいそうな場所。

 

そんなサンタ・マリア・イン・コスメディン教会であるが、その歴史は古く、建立は6世紀まで遡る。
古代ローマ時代の食料市場の跡に建てられた。
今ではすっかり真実の口の写真撮影の順番待ちの場となっているポルティコとロマネスクの鐘楼は12世紀に造られている。

真実の口は教会に入る前のポルティコ(柱廊)の左側にある。

 

この行列は少ないほうかもしれない。

この人だかりの奥に真実の口が。

 

教会の中に入ってみると、床は一面コズマーティ様式の美しい大理石のモザイクで覆われている。

コズマーティはモザイクの技術に長けていたこの時代の一族の名前に由来し、

床のモザイクのみならず、燭台、玉座、祭壇の装飾、扉の枠にはめ込む大理石の象嵌もとても美しい。

 

コズマーティ様式の大理石の象嵌細工はこの教会だけではなく、同じ時代の教会によく見られる。

細やかな技術もさることながら、大理石の色の豊富さにも驚かされる。

天井は貴重な木造の小屋組のトラス構造が見える。

被災した教会は屋根の部分が焼失されて新しくなってしまうことが多く、残っているのは貴重。

 

 

正面に向かって左には聖ヴァレンティーノの遺骸がある。

じっと見られていると思うと足がすくむが。

ヴァレンティーノはヴァレンタインのイタリア語。日本でもおなじみの聖人です。

 

12世紀に増築された鐘楼が、教会内部に食い込んでいる。

 

入り口右手にあるお土産売り場の壁には3世紀に遡る美しいモザイクが残されている。

「真実の口」で有名な教会だけあり、比較的品揃えの多いお土産売り場となっている。

 

ところで「真実の口」の正体とは。

いくつかある説の中でもっとも有力な説はマンホールの蓋。

フォロ・ロマーノの排水を担った排水溝のクロアカ・マクシマがテヴェレ川に注ぐ排水口の蓋とされている。

その排水口はこの教会の近くの排水口とされ、この「真実の口」自体もこの近辺で発見されている。

エットーレ・ロースラー・フランツの絵のポストカードより。

河岸工事前のテヴェレ川。右にクロアカ・マクシマの排水口が見られる。

鐘楼は真実の口のあるサンタ・マリア・イン・コスメディン教会の鐘楼。

教会前広場の神殿もみられる。

 

うそ発見器のように手を入れて真実を確かめるというのは、中世の時代からあった言い伝えらしく、

妻の貞節を夫が調べたとか、そういった説がある。

 

この「真実の口」を世界中に広めたのはいうまでもなく、映画「ローマの休日」であろう。

vacamzeromane

ローマの街角には映画の舞台となったところにこのように看板が立っている。

お気に入りの映画のロケ地が見つかりますよう。

 

 


■サンタ・マリア・イン・コスメディン教会

Chiesa di Santa Maria in Cosmedin

 

「真実の口」ポルティコの左側にある

 

Piazza della Bocca della Verità, 18 Roma

 

かなりの路線のバスがとまる。

メトロの最寄駅はB線(青)のCirco Massimo チルコ・マッシモ駅

 

競技場の長い辺を歩くことになる。

ヴェネツィア広場から歩いても寄り道しないで、7分ほど。

 

テヴェレ川を渡ればトラステヴェレ地区へ、少し足を延ばせばアヴェンティーの丘にも着く。

古代ローマ時代の競技場跡、キルクス・マキシマムことチルコ・マッシモはすぐそこ。

バラバラのバスの停留所

市内観光バスも停まる(赤と青の掲示板)

緑がATACことローマの市バスの停留所案内

 

{mosmap lat=’41.888014’|lon=’12.481679’|text=’真実の口のある教会、サンタ・マリア・イン・コスメディン教会’}

 

※この記事の内容は掲載時のものであり、現在と異なる場合があります。

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

トラステヴェレとジャニコロの丘 教会

ローマで最も古いキリスト教会のひとつ、サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ教会

トラステヴェレ界隈の中心といえば、ここサンタ・マリア・イン・トラステヴェレ広場と そこに面する教会であろう。 ローマで最もふるいキリスト教会のひとつである。キリスト教が正式に宗教として認められてから

続きを読む
チェリオの丘とサンジョヴァンニ界隈 教会

サンタ・クローチェ・イン・ジェルサレンメ教会

教会の姿は比較的新しい様相であるが、由緒は古く、そして貴重な聖遺物が納められている、ローマ7教会のひとつである。 ジェルザレンメはイタリア語でエルサレム。エルサレム十字架教会となる。 古代ローマ帝国の時代にキリスト教を国 […]

続きを読む
チェリオの丘とサンジョヴァンニ界隈 教会

丸い教会、サント・ステファノ・ロトンド教会

ローマでは最も古い時代のキリスト教会 のひとつである。住宅も少ないため、人も少ない緑に囲まれたところにひっそりと佇む。道から少し入ったところにあり、緑にも覆われているため、教会の全体の姿を外から見分けるのは難しいが、

続きを読む