ハドリアヌス帝の廟、サンタンジェロ城

castel-santangelo-100

城という名称を戴いているが、元を辿れば皇帝ハドリアヌスとその家族の霊廟であった。
その後は、要塞、教皇の住まい、そして時には牢獄でもあり、現在、聖天使城と呼ばれるサンタンジェロ城は、古代からルネッサンス期を経て今日まで、その役割を変えつつ


ローマの歴史を伝える生き証人ともいえる。

アウレリアヌスの壁の皇帝アウレリアヌスの時代は、壁の一部として要塞と化した。

その後は情勢が不安定なときにはヴァチカンに替わって教皇の住まいとなった。
ヴァチカンから教皇が逃げてきたという長い回廊がつながっている。
そのルネッサンス時代の豪奢な教皇の住まいは現在博物館となっている。

庭には石の大砲が転がっており、要塞であったことがうかがえる。

城の名前にもなっているAngelo(アンジェロ)=天使は、頂にある大天使ミカエルのブロンズ像による。

1870年のナポレオン占領時代には群の兵舎と牢屋になっている。

オペラ、トスカの最後の場面としても名高い。

→ オペラ、トスカの最初の場面の教会は、こちらサンタンドレア・デッラ・ヴァッレ教会

 

 

城の前にかかるサンタンジェロ橋の欄干の上にはベルニーニとその工房による

天使の彫刻が並んでおり美しく贅沢な橋。

城へのアプローチはぜひサンタンジェロ橋から。

 

これらの天使の彫刻群はレプリカでオリジナルは、スペイン広場に近い

サンタンドレア・デッレ・フラッテ教会にある。

そちらはボッロミーニによる鐘楼も特徴である。

 

お城内部のテラスのカフェは特にお天気のよい日は気持ちがよくておすすめ。

ぜひ、サンタンジェロ橋の正面の席を陣取って、

かつての砲撃のための壁穴からローマのチェントロ方向を望んでみよう。

サンタンジェロ城は最近では映画「悪魔と天使」に登場。

また、城では展示会などのイベントも行われる。

 

■ギャラリー(クリックで写真拡大)

 

   

 

 


 

■聖天使の城、カステル・サンタンジェロ

Castel Sant’Angelo

 

 

{mosmap lat=’41.903028’|lon=’12.466398’|text=”聖天使の城、カステル サンタンジェロ}

 

 

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

外からでも金網越しによく見える::全容がわからないので想像を掻き立てる
トゥスコラーナからチネチッタ 遺跡・建築

セプティミウス・バッススのヴィッラ

ここに来たとき、ローマの街にある古代ローマ時代の遺跡の数の多さを改めて思った。 見渡す限り広がる草原に崩れかけた遺跡。管理所の手間を考えてのことであろう、 常に一般公開されているわけではなく、

続きを読む
トラステヴェレとジャニコロの丘 遺跡・建築

モレッティの青年の家

蚤の市で知られるポルタ・ポルテーゼがある通りに、ルイジ・モレッティの「トラステヴェレの青年の家」と呼ばれるユースホステルであった建物がある。現在はそのホールは展示のための空間となっていて、建築にちなんだ企画展などが催されている。

続きを読む
エリア トラステヴェレとジャニコロの丘 遺跡・建築

ガリバルディ義勇軍兵士の納骨堂

”ローマのために戦った戦死者に”と彫られたモニュメントがジャニコロの丘の上に建っている。イタリア統一運動で最後までイタリア統一に抵抗したローマのために命を落とした戦士たちの墓碑である。1849年、ナポレオン3世が送ったイタリア統一運動の戦いに加わった中には、ニーノ・コスタやゴッフレード・マメリら、若い芸術家も含まれた。ニーノ・コスタは絵画の印象派にも影響を与えた画家のひとりであり、マメリはイタリアの国家の作詞者としても名が通っており、イタリアの国家はマメリの歌と呼ばれる。

続きを読む