欠片であっても美しい。
古代彫刻バラッコ美術館より。

あがったり さがったり。

8月の終わりより、ローマ市営の博物館・美術館のいくつくかの入場料が値上がり。 また、いくつかの美術館は5ユーロ〜6ユーロくらいのものが無料へ。 値上がりについては、ローマ市在住の人は1ユーロプラス。 それ意外は2ユーロプ …

この方のが魅力的。やはり。

初代皇帝アウグウストゥス没後2000年、であったりした。

八月。August。 古代ローマ帝国初代皇帝アウグストゥスに由来する。 母国語でもない人も比較的話す英米語。 由来などを知らずとも言葉からもなんとなくつながる古代ローマ。 そういう意味で、すごいかもしれない。 時間的奥行 …

残暑お見舞い申し上げます。

夏の終わりは映画でローマを。

ご縁がなかなかなく、観ることができなかった映画が ようやく、ある程度の期間で上映される日が近づき小躍り。 今週末から始まった「ローマ環状線、めぐりゆく人生たち」に続き、 来週からはLa Grande Bellezza、「 …

寝そべって食べるなんて、お行儀悪いし、消化悪そう。

タイトルどうなのであろう、「愛欲のローマ史」

    カエサルは妻に愛をささやいたか、という帯につられて手に取ってみた本。 タイトルがなんとなく、であったが、とりあえず読んでみた。 よい具合に節で区切りがついて時間をたっぷりとらずとも読むことがで …

これがデビュゥ作とは。むむむ。

ミケランジェロ没後450年。

2014年はミケランジェロ・ブオナローティの没後450年にあたるという。 ローマの話をすると2000年くらい前に、といった単位なので 450年がさほど遠い年月に感じないのは、気のせいか。 それとも古代ローマの時代から、人 …

時間が止まっている。

中世へ時間旅行、ヴィテルボへ。

中世への時間旅行、中部イタリア編。 同じ中世でも南イタリアのそれとは宗教の流れ、政を司る民俗が違った上に 気候風土も違うので建築が全く違っておもしろい。 とにかく中世への時間旅行はもっと時間を遡るはずの古代よりか不思議。 …

聖人に会ったことがある、ってどきどきする

聖人。

復活祭明けの日曜日、ローマのお隣、ヴァチカンはにぎわっており、 法王フランシスの前の前のヨハネ・パウロ二世が聖人となった。 キリストの教えの環境で育っていなくても、これだけローマの教会を 美術好きが高じて散歩してまわり、 …

うっかり行き過ぎてしまいそうな入口。

カンディダ・ヘーファー Candida Höferをみに。

東京散歩。 しばらくローマは電波情報以外、お預けな模様である。 遥か遠い昔、建築という職業を選べば、言語以外のコミュニケーションツールとなって いろいろなところに「移動」するよき「いいわけ手段」と信じて職業を選んだ記憶が …

ロケに出くわすことが多いローマ

La Grande Bellezza

パオロ・ソレンティーノ監督のLa Grande Bellezzaがアカデミー賞外国語映画賞に。 邦題で「追憶のローマ」ということで、ローマが舞台。 最近ではウディ・アレンということで原題、To Rome with lov …