丸い教会、サント・ステファノ・ロトンド教会

ローマでは最も古い時代のキリスト教会 のひとつである。住宅も少ないため、人も少ない緑に囲まれたところにひっそりと佇む。道から少し入ったところにあり、緑にも覆われているため、教会の全体の姿を外から見分けるのは難しいが、

中に入ると円形の教会であることがわかる。

 

キリスト教会の起源は5世紀にさかのぼる。

古代ローマ時代の宿舎であろう建物の上につくられた。

ミトラの信仰と関わりのある建物であったという。

その円形にギリシャ十字を合わせたのがこの教会の平面となっている。

円は三重の同心円で、一番大きな円が教会の壁となっており

内部はフレスコ画で埋め尽くされている。

キリスト教会建立当時はモザイクで床が覆われていたとされるが

今日はそのほとんどが残されいない。

 

9世紀の法王大聖グレゴリウスの時代に聖ステファヌス教会とされた。

 

主に、12世紀の改修では教会に自然光が入るようになり、

15,6世紀の改修では壁にフレスコ画が描かれた。

これらのフレスコ画は、古代ローマ時代のキリスト教徒への迫害を描いており、

皇帝ネロとドミティアヌスの名前も見受けられる。

フレスコ画はポマランチョによるもので

ポマランチョはトスカーナ出身の

アントニオ・チルジアーニ

ニッコロ・チルジアーニ

クリストフォ・ロンカッリ

3人のを指す。

 

絵にはアルファベットが記入され、下に迫害、拷問の方法の説明が描かれている。

教会の壁一面が残酷物語絵巻である。

 

 

 

 

■ギャラリー(クリックで写真拡大)

 


■サント・ステファノ・ロトンド 聖ステファヌスの丸い教会

 

Santo Stefano Rotondo

Via diSanto Stefano Rotondo,7 Roma

 

{mosmap lat=’41.885446’|lon=’12.496915’|text=’残酷物語絵巻のフレスコ画が痛々しい丸い教会’}

 

 

 

 

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

トラステヴェレとジャニコロの丘 教会

ローマで最も古いキリスト教会のひとつ、サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ教会

トラステヴェレ界隈の中心といえば、ここサンタ・マリア・イン・トラステヴェレ広場と そこに面する教会であろう。 ローマで最もふるいキリスト教会のひとつである。キリスト教が正式に宗教として認められてから

続きを読む
チェリオの丘とサンジョヴァンニ界隈

ドラベッラのアーチと古代の道

サント・ステファノロトンド教会やサンタ・マリア・イン・ドムニカ教会の方から歩いてくると、 門がある。 紀元10年に執政官カイウス・ユリウス・シラヌスとコルネリウス・ドラベッラによりつくられた門で

続きを読む
チェリオの丘とサンジョヴァンニ界隈 教会

サンタ・クローチェ・イン・ジェルサレンメ教会

教会の姿は比較的新しい様相であるが、由緒は古く、そして貴重な聖遺物が納められている、ローマ7教会のひとつである。 ジェルザレンメはイタリア語でエルサレム。エルサレム十字架教会となる。 古代ローマ帝国の時代にキリスト教を国 […]

続きを読む