マダマ宮-現・国会上院議会

madama-iconeかつてメディチ家が住んでいた宮殿。建物自体は14世紀の終わりのものとなる。

1541年から1550年までオーストリアのマルゲリータ女王が


住んだことからこの名前がついている。

ジョヴァンニ・デ・メディチとジュリアーノが住んでいた。

のちにこのジョヴァンニとジュリアーノはそれぞれ、教皇レオ10世、クレメンス7世となる。

教皇レオ10世はラッファエッロの肖像画でも有名。

 

ファサードは1642年にパオロ・マルチェッリによる。

 

1871年よりイタリア国会上院議会となっており、ときおり、政治家のインタビューなどが建物の前でみられる。

 

 

 

p-madama-1

 

p-madama-2

 

 

 

 


■マダマ宮殿 イタリア国会上議員

Palazzo Madama

 

 

Piazza Madama,  Roma

 

ナヴォナ広場はすぐそこ。

 

 

{mosmap lat=41.899251’|lon=’12.474111’|text=’教皇レオ10世やクレメンス7世が住んだかつてのメディチ家のお屋敷、マダマ宮殿’}

 

 

 

 

 

 

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

外からでも金網越しによく見える::全容がわからないので想像を掻き立てる
トゥスコラーナからチネチッタ 遺跡・建築

セプティミウス・バッススのヴィッラ

ここに来たとき、ローマの街にある古代ローマ時代の遺跡の数の多さを改めて思った。 見渡す限り広がる草原に崩れかけた遺跡。管理所の手間を考えてのことであろう、 常に一般公開されているわけではなく、

続きを読む
トラステヴェレとジャニコロの丘 遺跡・建築

モレッティの青年の家

蚤の市で知られるポルタ・ポルテーゼがある通りに、ルイジ・モレッティの「トラステヴェレの青年の家」と呼ばれるユースホステルであった建物がある。現在はそのホールは展示のための空間となっていて、建築にちなんだ企画展などが催されている。

続きを読む
パンテオンからナヴォナ広場

パンテオンからナヴォナ広場へ

  ナヴォナ広場からパンテオン界隈 このエリアはそぞろ歩きを楽しみたいエリア。最初からコースを決めないで、 あっちへ行ってみようか、こっちへ行ってみようか、がおすすめ。   古代のローマの遺跡に沿って […]

続きを読む