リーベラの会議場

congressi-iconeアダルベルト・リーベラによる、イタリア合理主義建築のひとつ、ファシズム政権下のもとつくられた会議場。

近くには現代のイタリアの建築家、マッシミリアーノ・フクサスのヌーヴォラー雲で知られる会議場が目下建設中。


このエウル地区はムッソリーニ政権下、国際万国博覧会を開催すべくつくられた街で、

リベラの会議場をはじめ、イタリア合理主義建築の街となっている。

道路巾や建物のアプローチもスケールが大きく、歩いていて人間の尺にあわない感があるのは、

権力を誇示したファシズム政権の表れともいえる。

このアダルベルト・リーベラの会議場に向かい合って、通称「四角いコロッセオ」の労働会館が建っている。

都市計画に基づきつつも人間のサイズを超えた独特のシュールな街。

congressi-1

congressi-2

congressi-dettaglio

今日のようにカーテンウォールが当たり前でなかった時代は、

マリオンを型鋼で作っているように、建築家がデザインをできる要素が多くあった思われる。

ここは構造の要素が強そうなので、建築家というよりかはエンジニアの領域に入っているかもしれないが。

congressi-colosseo

ポルティコの合間からみえる「四角いコロッセオ」こと労働会館。


■ 会議場 (アダルベルト・リーベラ設計)■

Palazzo dei Congressi (di Adalberto Libera)

Quadrato della Concordia

200px-metropolitana_di_roma.svg メトロ B線 EUR FERMI(エウル フェルミ)駅

テルミニ駅より バス714番

 {mosmap lat=’41.836616’|lon=’12.46556’|text=’アダルベルト・リベラの会議場’}

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

外からでも金網越しによく見える::全容がわからないので想像を掻き立てる
トゥスコラーナからチネチッタ 遺跡・建築

セプティミウス・バッススのヴィッラ

ここに来たとき、ローマの街にある古代ローマ時代の遺跡の数の多さを改めて思った。 見渡す限り広がる草原に崩れかけた遺跡。管理所の手間を考えてのことであろう、 常に一般公開されているわけではなく、

続きを読む
トラステヴェレとジャニコロの丘 遺跡・建築

モレッティの青年の家

蚤の市で知られるポルタ・ポルテーゼがある通りに、ルイジ・モレッティの「トラステヴェレの青年の家」と呼ばれるユースホステルであった建物がある。現在はそのホールは展示のための空間となっていて、建築にちなんだ企画展などが催されている。

続きを読む
エリア トラステヴェレとジャニコロの丘 遺跡・建築

ガリバルディ義勇軍兵士の納骨堂

”ローマのために戦った戦死者に”と彫られたモニュメントがジャニコロの丘の上に建っている。イタリア統一運動で最後までイタリア統一に抵抗したローマのために命を落とした戦士たちの墓碑である。1849年、ナポレオン3世が送ったイタリア統一運動の戦いに加わった中には、ニーノ・コスタやゴッフレード・マメリら、若い芸術家も含まれた。ニーノ・コスタは絵画の印象派にも影響を与えた画家のひとりであり、マメリはイタリアの国家の作詞者としても名が通っており、イタリアの国家はマメリの歌と呼ばれる。

続きを読む