MACRO Testaccio-現代アート美術館 テスタッチョ

100-macro-f現代アートをローマで楽しむならこちらの美術館。
MACROはMUSEO D’ARTE COMTEMPORANE ROMA(ローマのコンテンポラリーアートミュージアム)の略。
20世紀の初めに建てられたノメンターノ地区の工場をリノベーションして現代美術館として1999年にオープンしたローマコンテンポラリーアート美術館の別館として2002年に開館。


macro-f-1

こちらはローマの台所といわれる、下町テスタッチョ地区の屠殺場の精肉工場群の建物を
リノベーションしたコンテンポラリーアート美術館。
1888年から1891年にかけてジョアッキーノ・エルソックによって設計された古典から近代建築への移行期の工場建築の建物群。

「冷蔵棟」と書かれているのが残っていたり、痛々しくも家畜たちがつめられていた柵が残っていたり。

屠殺場に入る機会はなかなかないので、現代アートを楽しみつつ、工業遺産も見学できる。

ビール工場跡地同様、工業建築を文化遺産として保存しつつ、

別の用途で再利用しているということはなかなか興味深い。

macro-f-2


MACRO Testaccio

Piazza Orazio Giustiniani 4 – 00153 Roma
 

開館時間   火曜日-日曜日 16.00-19.00

                 土曜日     16.00-22.00
※チケット売り場は閉館時間30分前まで。
 

閉館日       月曜日、1/1 4/6-27(復活祭に基づくものなので毎年要確認)、5/1, 12/25
入館料       6ユーロ

URL            http://www.museomacro.org/ (外部ページにリンク)

本館との共通券は7日間有効で14.5ユーロ

MACROの本館がノメンターノ地区にある。
こちらはもとイタリアのビール工場、ペローニの跡地につくられたリノベーション型現代美術館。

MACRO はこちら

{mosmap lat=’41.876133’|lon=’12.47362’|text=’MACRO Testaccio  現代アートミュージアム テスタッチョ’}

 

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

外からでも金網越しによく見える::全容がわからないので想像を掻き立てる
トゥスコラーナからチネチッタ 遺跡・建築

セプティミウス・バッススのヴィッラ

ここに来たとき、ローマの街にある古代ローマ時代の遺跡の数の多さを改めて思った。 見渡す限り広がる草原に崩れかけた遺跡。管理所の手間を考えてのことであろう、 常に一般公開されているわけではなく、

続きを読む
トラステヴェレとジャニコロの丘 遺跡・建築

モレッティの青年の家

蚤の市で知られるポルタ・ポルテーゼがある通りに、ルイジ・モレッティの「トラステヴェレの青年の家」と呼ばれるユースホステルであった建物がある。現在はそのホールは展示のための空間となっていて、建築にちなんだ企画展などが催されている。

続きを読む
エリア トラステヴェレとジャニコロの丘 遺跡・建築

ガリバルディ義勇軍兵士の納骨堂

”ローマのために戦った戦死者に”と彫られたモニュメントがジャニコロの丘の上に建っている。イタリア統一運動で最後までイタリア統一に抵抗したローマのために命を落とした戦士たちの墓碑である。1849年、ナポレオン3世が送ったイタリア統一運動の戦いに加わった中には、ニーノ・コスタやゴッフレード・マメリら、若い芸術家も含まれた。ニーノ・コスタは絵画の印象派にも影響を与えた画家のひとりであり、マメリはイタリアの国家の作詞者としても名が通っており、イタリアの国家はマメリの歌と呼ばれる。

続きを読む