チョチャーリア地方のおいしいもののキオスク

チョチャーリアのおいしいもの

メトロA線のフリオ・カミッロ駅すぐのアッピア・ヌォーヴァ通りと

チェーザレ・バロニオ通りが交差する角にキオスクがある。

4つのアーチ形のショーケースが目印。

ローマの南東にあるチョチャーリア地方の

パンやワイン、ビスケットからケーキ、

瓶詰めのペーストやポークジャーキーといった特産品を売っている。

明確な境の定義はないらしいが、ローマの南東のフロジノーネあたりをチョチャーリアと呼んでいる。

 

 

チョチャーリアといえばモラヴィアの同名の原作でデ・シーカの1960年の映画、La Ciociaraがある。

ソフィア・ローレン主演で豪華な顔ぶれである。

 

キオスクに話は戻って、メトロA線のこの辺りを通っていて、

時間にゆとりがある時などは、フリオ・カミッロ駅で途中下車しても買うことがある。

目当ては、ワインの風味のチャンベッリーノと柑橘系のビスケット。

そしてパン。

ポークジャーキーとでもいおうか、ピリッと辛めな豚の干し肉。透き通った赤は、

噛めば噛むほど味がでて、ビールが欲しくなる。

 

ポークジャーキーは豚の丸焼きで有名なアリッチャでも見かける。

コッピエッテと呼ばれ、豚のロース肉を手で引き裂いて、

塩、コショウ、赤唐辛子、パプリカで味つけしたもの。

 

 

チャンベッリーノはトスカーナ地方の貧しい民のおやつであるらしい。

 

焦げあとがついた、薪で焼き上げたパンは、ガラス越しに「買って」といわんばかりに積み上げられている。

 

ここでなくても、ワイン風味のチャンベッリーノは手に入るので、味わってみてはいかがでしょう。

堅そうだけれど、意外と中はさくさくしていて、ほんのり感じるワインの風味が、

幸せ、と思わせてくれる。

 


 

■チョチャーリアの薪焼きパンと特産品のキオスク

Pane Ciociaro Cotto a Legna

 

フリオ・カミッロ(Furio Camillo)駅

 

Via Appia NuovaとVia Cesare Baronioが交差した角

近くにVilla Lazzaroni公園があるので、休憩しながらビスケットなど。

 

 

より大きな地図で ローマをお散歩 を表示

 

※この記事の内容は掲載時のものであり、現在と異なる場合があります。

 

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

テルミニ駅とエスクイリーノ界隈 食べる・飲む

建築会館内のカフェ、Caffe’ Progetto

テルミニ駅から近いものの、観光エリアとはちょっと違うエスクイリーノの界隈。今日ではすっかり移民が目立つエリアになりました。

続きを読む
外からでも金網越しによく見える::全容がわからないので想像を掻き立てる
トゥスコラーナからチネチッタ 遺跡・建築

セプティミウス・バッススのヴィッラ

ここに来たとき、ローマの街にある古代ローマ時代の遺跡の数の多さを改めて思った。 見渡す限り広がる草原に崩れかけた遺跡。管理所の手間を考えてのことであろう、 常に一般公開されているわけではなく、

続きを読む
パンテオンからナヴォナ広場 食べる・飲む

くつろげるカフェ、エンポーリオ・アッラ・パーチェ

広場に面したテラス席の素敵なカフェもいいけれど、そればかりでも少し疲れてしまう、そんなときにカフェをのみながら新聞や本を広げてみたり、インターネットやメールをやりたい、とそんなときにおすすめなのがナヴォナ広場から一歩入った素敵な界隈の裏道にあるカフェ、カフェ・エンポーリオ・アッラ・パーチェ。

続きを読む