ローマに近未来的建造物

ローマの歴史的中心地区に近未来的な建築が登場と思いきや、2012年12月で閉まる、

といわれていたコロッセオについに修復作業用の足場がかかる。

なんと単管パイプ。ユニット足場でせめてくると思っていたので驚いた。

これがまたきれいに組んである。

ちなみに足場は全周に組まれている訳ではないので、

反対側にいけば修復中な感じがしないコロッセオに。

一部なのは観光客への美観的にも、実際のところは資材集めが大変そう、ということか。

ローマは修復ラッシュ。

今から手をつけておけば、2025年の聖年に間に合うし、

実際のところローマとその周辺の街の遺跡の保存状態はひどいらしい。

この歴史遺産の保存も相当、財政を逼迫させている模様。

コロッセオの案内はこちら

 

 

 

 

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

ブログ

夜のトラステヴェレを楽しもう

そぞろ歩きが楽しいローマのトラステヴェレのお店が10月16日まで、夜中の1時まで延長してオープンすることになりました。 パブやレストランも多く、ローマっ子や若い旅行者が遅くまで楽しむエリア、トラステヴェレですが、 このエ […]

続きを読む