カザル・ロトンド 丸い家

アッピア街道::この辺りはのんびりとした風景が広がる

古代ローマ時代の円柱状の廟の上に家がのっているため、丸い家、カザル・ロトンドと呼ばれている。

この不思議な家はアッピア街道沿いのセスト・ミーリォSesto Miglioと呼ばれる、街道の起点から数えた

6マイル目のエリアにある。この辺りに来ると車の往来も減りのんびりと散歩ができる。

この廟は誰の墓かは不明であるが、最大級の大きさのものでその直径は35メートルにもなるという。

紀元前3世紀の墓で、中世になってサヴェッリ家のものとなった時代に

見張り小屋として家がのせられた。

墳墓の形はもとは、とんがり屋根の蜂窩状墳墓と呼ばれるものであったらしい。

とんがり屋根の墳墓はピラネージの版画などにも描かれている。

 

カザル・ロトンドの横には考古学者のルイージ・カリーナの発掘による発掘された

断片がれんがの壁に埋められてモニュメントとなっている。

 

ここを過ぎると、通りとぶつかるが、バス通りではないので、

公共交通機関を利用しての散歩の際は、引き返してバスが通るErode Atticom通りへ。

Via Casale Rotondo通りを歩いて、バス通りまででられるが、

見通しの悪い道の上、夕方になるとよい雰囲気とは言えない道。

 

■ギャラリー(クリックで写真拡大)

 


■カザル・ロトンド 丸い家

Casal Rotondo

 

メトロA線 コッリ・アルバーニからバス 765番 Erode Attico通りまで

 

 

 

{mosmap lat=’41.821055’|lon=’12.555732’|text=’丸い廟の上に載っているからカザーレ・ロトンド、丸い家’}

 

※この記事の内容は掲載時のものであり、現在と異なる場合があります。

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

外からでも金網越しによく見える::全容がわからないので想像を掻き立てる
トゥスコラーナからチネチッタ 遺跡・建築

セプティミウス・バッススのヴィッラ

ここに来たとき、ローマの街にある古代ローマ時代の遺跡の数の多さを改めて思った。 見渡す限り広がる草原に崩れかけた遺跡。管理所の手間を考えてのことであろう、 常に一般公開されているわけではなく、

続きを読む
トラステヴェレとジャニコロの丘 遺跡・建築

モレッティの青年の家

蚤の市で知られるポルタ・ポルテーゼがある通りに、ルイジ・モレッティの「トラステヴェレの青年の家」と呼ばれるユースホステルであった建物がある。現在はそのホールは展示のための空間となっていて、建築にちなんだ企画展などが催されている。

続きを読む
エリア トラステヴェレとジャニコロの丘 遺跡・建築

ガリバルディ義勇軍兵士の納骨堂

”ローマのために戦った戦死者に”と彫られたモニュメントがジャニコロの丘の上に建っている。イタリア統一運動で最後までイタリア統一に抵抗したローマのために命を落とした戦士たちの墓碑である。1849年、ナポレオン3世が送ったイタリア統一運動の戦いに加わった中には、ニーノ・コスタやゴッフレード・マメリら、若い芸術家も含まれた。ニーノ・コスタは絵画の印象派にも影響を与えた画家のひとりであり、マメリはイタリアの国家の作詞者としても名が通っており、イタリアの国家はマメリの歌と呼ばれる。

続きを読む