レンゾ・ピアノの音楽ホール Auditorium Parco della Musica

musica-icone世界に誇るイタリアの建築家、レンゾ・ピアノの設計した音楽ホールの複合施設。
日本では、関西国際空港や東京銀座のエルメスの美しいビルで知られている。

2004年にオープン。


音楽に関するイベントを含め、ポップからクラシックまでのコンサートやライブ、演劇、ダンスが上演される。
ここのところ毎年秋に開催されているローマ国際映画祭でもおなじみの場所となった。

屋外ホールを3つのスカラベの姿をした音楽ホールが囲んでいる。

1960年にローマオリンピックが開催されたときのオリンピック村に建てられている。
敷地内には古代ローマ時代の遺跡も発掘され、遺跡を見ながら、発掘された展示品を見ることができる。
周辺は緑が多く、ちょっとしたお散歩にも気持ちがよい。

ブックショップは音楽に関する本が取り揃えられているので、音楽に関するものを探している方は
こちらのブックショップがおすすめ。

また、近くには近代建築の代表作、ピエル・ルイジ・ネルヴィのスポーツ施設や、
2010年オープンのザハ・ハディドの設計のMAXXI美術館もあるので
建築好きな方は、ポポロ広場のあるFlaminio(フラミニオ)から2番のバスでパラッツォ・デッロ・スポルトで下車。
近代・現代の建築めぐりができる。

 

musica-1

musica-3

スカラベを3つ写すアングルがなかなか見つからず。

musica-archeo

ローマは新築工事は大変と想像に難くない。掘ればいろいろ出てきてしまうから。

 

 


■ 音楽の公園ホール

Auditorium Parco della Musica

メトロA線 Flamminio(フラミニオ)駅からバス2番(頻繁に出ている。)
またはバスのM(Musica=音楽のMです)、910番がテルミニ駅からでている。
こちらは終点なのでそのまま乗っていれば到着。

 

ホームページ

http://www.auditorium.com/

{mosmap lat=’41.929765’|lon=’12.474514’|text=’音楽の公園ホール’}

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

外からでも金網越しによく見える::全容がわからないので想像を掻き立てる
トゥスコラーナからチネチッタ 遺跡・建築

セプティミウス・バッススのヴィッラ

ここに来たとき、ローマの街にある古代ローマ時代の遺跡の数の多さを改めて思った。 見渡す限り広がる草原に崩れかけた遺跡。管理所の手間を考えてのことであろう、 常に一般公開されているわけではなく、

続きを読む
トラステヴェレとジャニコロの丘 遺跡・建築

モレッティの青年の家

蚤の市で知られるポルタ・ポルテーゼがある通りに、ルイジ・モレッティの「トラステヴェレの青年の家」と呼ばれるユースホステルであった建物がある。現在はそのホールは展示のための空間となっていて、建築にちなんだ企画展などが催されている。

続きを読む
エリア トラステヴェレとジャニコロの丘 遺跡・建築

ガリバルディ義勇軍兵士の納骨堂

”ローマのために戦った戦死者に”と彫られたモニュメントがジャニコロの丘の上に建っている。イタリア統一運動で最後までイタリア統一に抵抗したローマのために命を落とした戦士たちの墓碑である。1849年、ナポレオン3世が送ったイタリア統一運動の戦いに加わった中には、ニーノ・コスタやゴッフレード・マメリら、若い芸術家も含まれた。ニーノ・コスタは絵画の印象派にも影響を与えた画家のひとりであり、マメリはイタリアの国家の作詞者としても名が通っており、イタリアの国家はマメリの歌と呼ばれる。

続きを読む