ネルヴィのパラッツォ・デッロ・スポルト

sporto-icone宇宙から降り立ったような体育館、パラッツォ・デッロ・スポルト。ピエルルイージ・ネルヴィ設計の体育館。

近代建築史に登場する作品。

1960年のローマ・オリンピックにむけて建設されたもののひとつ。


360度をギャラリーに囲まれた形式の平面は直径約100メートルの正円となっている。

円形というのは古代ローマ時代からの競技場の建築で、いわば「覆われた円形競技場」。

プレファブ構法が採用されている。

隣の敷地は当時のオリンピック選手村。

現在は賃貸アパートや、B&Bになっている。

スタンダードなイタリアのアパルタメントより小ぶりなつくりである。

通り名に世界中の名前がついているので、歩いているとちょっとした世界一周旅行をしている気分。

sporto-1

今日も現役で、スポーツだけではなくイベントも行われる。

近くに2004年オープンしたレンゾ・ピアノの音楽ホール、Auditorium Parco della musicaと

2010年にオープンした、ザハ・ハディドのMAXXIこと国立21世紀美術館があるので、

この辺りは近代・現代建築巡りを楽しむことができる。


 ■ Pallazo dello Sporto da Pier Luigi Nervi

■ パラッツォ・デッロ・スポルト(パラツェット)-ピエルルイジ・ネルヴィ設計

Piazza Appolodoro, Roma

200px-metropolitana_di_roma.svg メトロA線 Flaminio(フラミニオ)駅 から2番のバスPiazza ManziniでApollodoro(アポッロドーロ)停車場下車

もしくはバスMで終点のレンゾ・ピアノの音楽ホール、Parco della Musucaに行くと、ホールの正面から見える。

{mosmap lat=’41.929537’|lon=’12.470726’|text=’宇宙から降り立ったような体育館、パラッツォ・デッロ・スポルト’}

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

外からでも金網越しによく見える::全容がわからないので想像を掻き立てる
トゥスコラーナからチネチッタ 遺跡・建築

セプティミウス・バッススのヴィッラ

ここに来たとき、ローマの街にある古代ローマ時代の遺跡の数の多さを改めて思った。 見渡す限り広がる草原に崩れかけた遺跡。管理所の手間を考えてのことであろう、 常に一般公開されているわけではなく、

続きを読む
トラステヴェレとジャニコロの丘 遺跡・建築

モレッティの青年の家

蚤の市で知られるポルタ・ポルテーゼがある通りに、ルイジ・モレッティの「トラステヴェレの青年の家」と呼ばれるユースホステルであった建物がある。現在はそのホールは展示のための空間となっていて、建築にちなんだ企画展などが催されている。

続きを読む
エリア トラステヴェレとジャニコロの丘 遺跡・建築

ガリバルディ義勇軍兵士の納骨堂

”ローマのために戦った戦死者に”と彫られたモニュメントがジャニコロの丘の上に建っている。イタリア統一運動で最後までイタリア統一に抵抗したローマのために命を落とした戦士たちの墓碑である。1849年、ナポレオン3世が送ったイタリア統一運動の戦いに加わった中には、ニーノ・コスタやゴッフレード・マメリら、若い芸術家も含まれた。ニーノ・コスタは絵画の印象派にも影響を与えた画家のひとりであり、マメリはイタリアの国家の作詞者としても名が通っており、イタリアの国家はマメリの歌と呼ばれる。

続きを読む