バルベリーニ宮殿

barberini-icone国立絵画館としても知られるバルベリーニ家の宮殿は建物も絵画も見どころが多い。

蜂の紋章とバロックの巨匠ベルニーニのパトロン


としても知られるバルベリーニ家のマフェイ・バルベリーニが教皇ウルバヌス8世となったときに計画された建物である。

 

今でこそ大統領府がある重要なエリアとなったクィリナーレの丘界隈であるが、1600年代の初め、この辺りはローマの街のはずれでしかなかったのである。

依頼された建築家カルロ・マデルノは庭園を囲むように翼のある典型的な田園風ヴィラのデザインを用いた。

1629年のマデルノの死後は、ボッロミーニをアシスタントとしてベルニーニが後を引き継ぐこととなった。

ボッロミーニがアシスタントとはなんともぜいたくなこと。

 

barberini-1

 

barberini-2

 

barberini-4

 

現在は絵画館への入り口である2階へのアプローチの楕円の階段と宮殿正面の破風がボッロミーニのものとされている。

 

絵画間へのアプローチである階段は見事であり、ボッロミーニの作品を目の高さを変えて十分に味わうことができる贅沢な空間。

 

barberini-borr

 

また、その美しいアプローチに導かれてたどりつく空間は、ピエトロ・ダ・コルトーナによるフレスコ画で埋めつくされた大サロン(Glan Salone)で、

その見事な空間に息をのむ。

 

ここまでは絵画館のチケットがなくても出入りできるところで、ローマという街の文化遺産に対する万人への寛容さがうかがえる。

絵画館に入る前で、すでにバロックの二人の芸術家に圧倒されることになる。

 

国立絵画館はこちら

 

ボッロミーニファンは、この通りの坂を上りきったVia dei Quirinaleとの辻にある、サン・カルロ・クワットロ・フォンターネ教会は必見。

 

 


■ バルベリーニ宮殿 国立絵画館

Palazzo Barberini – Galleria Nazionale

 

Via delle Quattro Fontane, 13   Roma

 

200px-metropolitana_di_roma.svg メトロ A線 Barberini(バルベリーニ)駅

 

{mosmap lat=’41.902804’|lon=’12.489449’|text=’バロックに圧倒される’国立絵画館’}

 

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

外からでも金網越しによく見える::全容がわからないので想像を掻き立てる
トゥスコラーナからチネチッタ 遺跡・建築

セプティミウス・バッススのヴィッラ

ここに来たとき、ローマの街にある古代ローマ時代の遺跡の数の多さを改めて思った。 見渡す限り広がる草原に崩れかけた遺跡。管理所の手間を考えてのことであろう、 常に一般公開されているわけではなく、

続きを読む
トラステヴェレとジャニコロの丘 遺跡・建築

モレッティの青年の家

蚤の市で知られるポルタ・ポルテーゼがある通りに、ルイジ・モレッティの「トラステヴェレの青年の家」と呼ばれるユースホステルであった建物がある。現在はそのホールは展示のための空間となっていて、建築にちなんだ企画展などが催されている。

続きを読む
エリア トラステヴェレとジャニコロの丘 遺跡・建築

ガリバルディ義勇軍兵士の納骨堂

”ローマのために戦った戦死者に”と彫られたモニュメントがジャニコロの丘の上に建っている。イタリア統一運動で最後までイタリア統一に抵抗したローマのために命を落とした戦士たちの墓碑である。1849年、ナポレオン3世が送ったイタリア統一運動の戦いに加わった中には、ニーノ・コスタやゴッフレード・マメリら、若い芸術家も含まれた。ニーノ・コスタは絵画の印象派にも影響を与えた画家のひとりであり、マメリはイタリアの国家の作詞者としても名が通っており、イタリアの国家はマメリの歌と呼ばれる。

続きを読む