すべての道はローマへ通ず、の起点そして基点。

すべての道はローマへ通ずという言葉は決して古代ローマ時代の言葉ではない。

17世紀のイタリアでもなくフランスの詩人ラ・フォンテーヌの言葉。

その意味合いも、古代ローマ街道のようにまっすぐのびて、

すんなり通ずるというか、辿る道はどうであれ、目指すところに行き着くよ、

ということらしい。

古代ローマ人はあまりにも効率よくまっすぐ道を造ってしまったがために、

自分たちが攻めに行くのはよかったが、攻められるのも速く、

4世紀にはぼろぼろになり、世界の中心、caput mundiではなくなった。

 

街道の女王と呼ばれるアッピア街道の起点は、チルコ・マッシモとカラカッラ浴場の間にある、

ポルタ・カペーナ、カペーナ門が出発点であった。

今ではその跡は少ししか見られないセルウィウスの壁という、起源は紀元前6世紀(遠い目)に

さかのぼる壁に開けられた門である。

つまり、アッピア旧街道の入口に見られる最初のマイルストーンの1ローママイルは、

カペーナ門から数えて1マイル。

カペーナ門は今日では遺っておらず、どうやらカラカッラ帝が壊したのではないの?

という説もあるらしい。お風呂作るのにご執心で?

カペーナ門もアッピア街道がカプアまでの街道であったので、

カプアからカペーナ門と呼ばれていた訳で、

以前はこの一帯が源泉があったことから、ローマ神話の泉の女神、カメナから

カメナ門と呼ばれていたとされる。

古代ローマというと戦いのイメージが強く血なまぐさいが、

泉の女神、なんて澄んだイメージなのであろう〜、

と、そのきれいなイメージを覆すかのように、起点と推測される位置に建つマイルストーンは、

今日の交通標識で装飾され、しかもマイルストーンはオリジナルではなく、

かのムッソリーニが政権を握っていた時代に、ここを起点として、

オスティアまでの”街道”計画のときに作ったという。

このなんちゃってマイルストーンは、時々ローマ近郊の街にも登場する。

アッピア街道の起点とされる場所、カペーナ門の跡
アッピア街道の起点とされる場所、カペーナ門の跡に建つマイルストーン

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。