バルベリーニ宮殿





barberini-icone国立絵画館としても知られるバルベリーニ家の宮殿は建物も絵画も見どころが多い。

蜂の紋章とバロックの巨匠ベルニーニのパトロン

としても知られるバルベリーニ家のマフェイ・バルベリーニが教皇ウルバヌス8世となったときに計画された建物である。

 

今でこそ大統領府がある重要なエリアとなったクィリナーレの丘界隈であるが、1600年代の初め、この辺りはローマの街のはずれでしかなかったのである。

依頼された建築家カルロ・マデルノは庭園を囲むように翼のある典型的な田園風ヴィラのデザインを用いた。

1629年のマデルノの死後は、ボッロミーニをアシスタントとしてベルニーニが後を引き継ぐこととなった。

ボッロミーニがアシスタントとはなんともぜいたくなこと。

 

barberini-1

 

barberini-2

 

barberini-4

 

現在は絵画館への入り口である2階へのアプローチの楕円の階段と宮殿正面の破風がボッロミーニのものとされている。

 

絵画間へのアプローチである階段は見事であり、ボッロミーニの作品を目の高さを変えて十分に味わうことができる贅沢な空間。

 

barberini-borr

 

また、その美しいアプローチに導かれてたどりつく空間は、ピエトロ・ダ・コルトーナによるフレスコ画で埋めつくされた大サロン(Glan Salone)で、

その見事な空間に息をのむ。

 

ここまでは絵画館のチケットがなくても出入りできるところで、ローマという街の文化遺産に対する万人への寛容さがうかがえる。

絵画館に入る前で、すでにバロックの二人の芸術家に圧倒されることになる。

 

国立絵画館はこちら

 

ボッロミーニファンは、この通りの坂を上りきったVia dei Quirinaleとの辻にある、サン・カルロ・クワットロ・フォンターネ教会は必見。

 

 


■ バルベリーニ宮殿 国立絵画館

Palazzo Barberini - Galleria Nazionale

 

Via delle Quattro Fontane, 13   Roma

 

200px-metropolitana_di_roma.svg メトロ A線 Barberini(バルベリーニ)駅

 

 

 





Bookmark and Share







著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト