このサイトについて





logo100-100

街全体がオープンエアーの美術館のような都市ローマは、古今東西、世界中の人々を魅了してきました。
古代ローマ帝国の跡、という顔のほかにバロック芸術が華が開いた劇場のようなな街でもあります。
そこに住む人々は人種もさまざま、人々はひとなつっこいけれど、かなりせっかち、ローマの街の魅力はそんな人々も含めた

ところにあるのかと思います。

 実際に生活するとなると、一国の首都とは思えないほど物事はスムーズにいかない、
なかなかストレスフルではあり、怒り心頭なこと度々。

ローマを愛した詩人・文豪、美術評論家など、その著述からわかることは、
街は汚れていたり、人びとは粗野だったりするのだけれど、ローマに囚われている。
何か人びとを虜にしてしまうなにかがあるのです。

もちろんそれは万人ではないですし、「囚われ方」もさまざま。
ローマを客観的に述べることはかんたんなことではありません。
ということで、あくまでも主観的に、でも似たような観点で語っていけるメンバーでホームページをつくりました。

このホームページは、建築、芸術、デザイン周辺にいるローマっ子たちとそこに関わった人の視点や観点で作られたものです。
そんな私たちのアンテナにひっかかった最新情報も紹介していく予定ですが、 まだまだ作成中です。
スポットがあたるローマ観光地のみならず、長い時間と文化と宗教が積み重なってきたいろいろなローマを
描き出していきたいと考えています。

将来的には多くの人が参加できるようなサイトになればと願っています。

ちなみに、ローマのサッカーチームはASローマとラツィオがセリエAの常駐チームですが、
まだ、サッカー記事には及んでいませんが、ただ今のチームメンバーは、ロマニスタ。
まだ、カルチョネタはでていませんが、その辺りもお含みおきくださいますよう。

ローマの街歩きのヒントになる情報がここで見つかりましたら幸いです。
まだまだ発展段階で、掲載されていないスポットなどもありますが、ローマは一日にして成らず、ということで。

ご意見・間違い発見などのご連絡いただけましたらうれしい限りです。

もちろん、リンクも大歓迎です。

 

Buon divertimento a Roma!

 





Bookmark and Share

著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト