アッピア旧街道周辺

アッピア街道周辺

 

古代ローマに興味があれば、一度は見てみたいと思うアッピア街道。

ローマ市内にありながらも周辺は緑が多く残されており、

ゆったりとした時間が過ごすことができる。

 

公共交通機関を使って足で廻るにはちょっとした覚悟が必要かもしれない。

一度先へ進んでしまうとバス道路に出会うのはかなり先。

引き返そうかと思った時はかなり進んでいたり。

 

お天気に恵まれれば貸し自転車も悪くない。

また、ある程度のところまでは、アルケオバスという

古代遺跡を巡るバスがテルミニ駅からアッピア街道までを

走っているのでそれを利用することもできる。

 

古代の街道ながら、現代の移動手段である車が

起点付近ではかなりのスピードで走っているので

そちらにも気をつけて時空の彼方への旅を楽しみたい。

 

Buona passeggiata!

 

 

■この付近の最寄り駅

 


 

 

 

 

 

 

■お散歩INDEX


 

 


主よ、何処へ ドミネ・クォ・ヴァディス教会

icone-quovadis

 「主よ何処へ?」「ローマにもう一度十字架にかけられに」と、キリスト教徒弾圧のひどかった皇帝ネロの時代に、

ペテロがローマがから逃れようとすると、イエスに出会い、こんな会話をした、といわれているところ。

教会の

続きを読む...

カザル・ロトンド 丸い家

icone-casal-rotondo古代ローマ時代の円柱状の廟の上に家がのっているため、丸い家、カザル・ロトンドと呼ばれている。

この不思議な家はアッピア街道沿いのセスト・ミーリォSesto Miglioと呼ばれる、街道の起点から数えた

続きを読む...

最初のマイルストーン、アッピア旧街道入口

icona-pietra-miliare古代ローマの中心から数えて1マイルのところに据えられたマイルストーン。

ちょうど、ポルタ・サン・セバスティアーノをでてアッピア旧街道を少し進むと出会う。

1マイルといっても

続きを読む...

ちょっと一休みもできる、Capo di Bove

icone-capodiboveアッピア街道のチェチーリア・メテッラの霊廟から500メートルほどのところにある
ちょっとした遺跡。
浴場施設のあるこの遺跡は2世紀中頃のもので、

続きを読む...

サン・セバスティアーノ門からチェチリア・メテッラの廟まで

公共交通機関を使って行く、サン・セバスティアーノ門から続くアッピア旧街道のちょっと車が手ごわいお散歩案内。

続きを読む...

著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト