音楽

Forever-Antonello Venditti

 ASローマファンことロマニスタならこの声は聞いたことがあるかも、

というアントネッロ・ヴェンディッティ。

 

Roma Roma. Grazie Romaなど、ASローマ応援歌を歌っている。

 

個人的にはこってりした歌手、と表現したくなる。

なにがこってりって、こってりローマを歌うというか。

演歌的なイメージがついつい浮かぶ。

 

2012年にリリースされたForeverはこってりなヴェンディッティの声に

モノクロのローマでしっとりと。

 

トラステヴェレの街角からカンポ・ディ・フィオーリ、

ナヴォナ広場、テヴェレ川沿い、テヴェレにかかるシスト橋。

最後の近代的なアパルタメントの風景からはオスティアの風景になり、

最初にもちらりと登場する、しめくくりのモニュメントは

パゾリーニの没後30年を記念した、彫刻家マリオ・ロザーティによる碑。

 

ヴェンディッティからはそれるが、個人的にはパゾリーニの後期の映画は

グロテスクで、通して観るのはやや食傷気味になる。

でもドキュメンタリーなどを通して知る教師時代のパゾリーニの人間性は

彼の最期に語られる一般的には差別されがちな嗜好と人間性は同時に語られるものではなと思わせられる。

こんな先生に教わってみたいかもという印象。

 

ミュージックビデオに戻って、

モノクロのローマ、喧噪が消され、美しい。

 

 

 

 

 

Forever Antonello Venditti

Heinz Music Srl 2012

 

 

映画のサウンドトラック、Mentre Dormi-Max Gazzè

 

ローマ生まれのマックス・ガッゼ。

タイトルはMentre dormi、君が寝ている間に、といったところ。

スタートはアヴェンティーノの丘の上のオレンジ公園

続きを読む...

剣闘士のごとくコロッセオでカルチョ。

“四角いコロッセオ”でのCMがあるなら、本家本元コロッセオのCMは、

というと、こちら。

 

 

ローマの選手は登場しないが、マルディーニ、素晴らしい。

1996年のナイキのCM。

冒頭にでてくる、空から見たコロッセオ、まるで砂漠の中に現れたようだが、

古代とはいえ、となりはフォロ・ロマーノ。

当時はcaput mundiー世界の中心と呼ばれていたので

実際はいろいろ建っているはず。

 

でも、こうして野獣と命がけで剣闘士たちは戦わされていたのだから、

コロッセオ、恐ろしいところ。

単独では世界文化遺産にはなれそうにもない。

 

Good VS Evil

Nike 1996

 

四角いコロッセオでカルチョをば。

エウルではシュールなイタリア合理主義建築が街並をつくり、

独特な雰囲気を作っている。

そんなエリアにある四角いコロッセオが舞台となったナイキのCM。

ASローマからは二人も登場。

そして一人は懐かしナカータもしくはイデこと中田英寿選手。

剣道の面を冠ったような的と禅の庭が、中田選手が与えた日本の影響か。

カルチョのみならず、いろいろなところで活躍しいたのもすごいし、

セリエAを去った後で、少なくともペルージャとローマでは

話題にでてくるのがすごいと思う。

 

このシリーズのCM、かっこよすぎる。

 

 

 

四角いコロッセオの行き方はこちら

 

NIKE 2000年

The Mission 90"

 

 

 

 

 

 

 

 








著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト