ローマのシンボル、雌狼と双子の像





これほどたくさんの遺跡を残しておきながら、lupa

ローマという街の発祥は伝説として語られています。

その伝説に欠かすことができないのが雌狼。
建国の父ロムルスと、その双子の兄弟レムスを育てたとされています。

 

この雌狼と乳を飲む双子の像やレリーフはいたる所にありますが、
アイコン的な存在はカンピドーリオの丘の上にある像です。
雌狼は紀元前5世紀のエトルリア文明のもの、
反り返る勢いで乳を飲む双子は15世紀に付け足されてたとされています。
すでにここで、1000年以上のの隔たりがあるとはローマの歴史とはいったい・・・。

 

オリジナルはカンピドーリオの丘の上のカピトリーニ博物館にあります。

 

ローマの街にはどのくらいのこの雌狼と双子の兄弟のシンボルがあるのでしょうか。
ときどき、反り返った姿勢の赤ん坊像のみを見かけます。
雌狼はいないのですが、激しい姿勢から、おそらくあの双子の兄弟だな、
と想像したりできるのも。

 

また、セリエAのASローマのエンブレムにもこちらの雌狼と双子の兄弟が入っております。
ASローマオフィシャルサイトはこちら。
ちなみに、ASローマのマスコットはロモロです。
ロムルスのイタリア語名です。







Bookmark and Share

著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト