カンポ・ディ・フィオーリ界隈

カンポ・ディ・フィオーリ界隈

 
 
カンポ・ディ・フィオーリ界隈
 
ローマっ子に外国人だらけのエリア、と揶揄されつつも、
ルネッサンスのパラッツォと職人の工房のある中世の建物がところどころ残ったエリアが共存している面白いエリア。
 
なんといってもカンポ・ディ・フィオーリに毎朝立つ市は、絵になる風景。
果物をひとつ買って、ローマの水の恩恵である水飲み場で洗ってかじる、
というのが格好になりそうな雰囲気。
 
2011年開通予定のメトロC線で予定していた駅(2013年現在、未開通!)も、
どうやら駅自体をなくすようなので
このエリアはメトロでは行くことのできないエリアのままのよう。
それでもLARGO di Torre Argentinaはトラステヴェレとを結ぶトラム8番や
多くのバスが通るので、ここを起点にすると便利。
2013年にはトラステベレからのトラム8番がヴェネツィア広場まで伸びるので
行きやすいエリアに。
ヴィットリオ・エマヌーレ二世通りをはさんだ反対のエリアは
礎は古代ローマでも、ルネッサンスやバロックに彩られたローマが楽しめる。
ぜひ訪れたいローマの素敵なエリア。
 
最寄りの駅

 
現在工事中のC線が完成するとメトロの最寄りができるが
現在は、バスかトラム
 
ラルゴ・アルジェンティーナを起点に。
テルミニからは40番、64番など。
 
ヴェネツィア広場からはトラム8番
 
 
 
お散歩INDEX

 

 

 


 

 

 

 

 

 
 

幻想的な天井が見事なジェズ教会

gesu-icone日本でもなじみあるイエズス会のローマにおける最初の教会。
バロック期に建てられたこの教会は、

続きを読む...

ボッロミーニの最後のクリプタ、サンジョヴァンニ・バッティスタ・ディ・フィオレンティーニ教会

dei-fiorentini-icone洗礼者ヨハネの名前を戴いていることからわかるように、この教会はフィレンツェ共和国のためのローマの教会であった。
ルネッサンス期に計画され最終的に形になったのはバロック期、

続きを読む...

オラトリオ修道会の小礼拝堂

oratorio-neri-icone1575年にフィリッポ・ネーリによって創設されたオラトリオ修道会の小礼拝堂です。

ファサードはボッロミーニが手がけています。

続きを読む...

トスカのはじまりはここから、サンタンドレア・デッラ・ヴァッレ教会

andrea-valle-icone教会の中に入ると金色の光に包まれたサンタンドレア・デッラ・ヴァッレ教会。

オペラファンはぜひ訪れたい教会。

続きを読む...

古代ローマ人にも現代の猫にとっても聖域、アレア・サークラ

area-sacra-icone今は猫の聖地となっているこの場所、ユリウス・カエサルが暗殺された場所とされています。しかしその真偽はいまだ定かではありません。 また、ローマの街をまわる際に起点として

続きを読む...

ファルネーゼ広場

farnese-icone現在はフランス大使館があるファルネーゼ宮殿の前の広場。
一対の噴水が印象的。
建物をはさんでカンポ・ディ・フィオーリ広場と

続きを読む...

仮面の泉

maschera-fontana-iconeなぜか見るたびに噴出しそうになる噴水のひとつです。呆然としてしまった顔のせいでしょうか。

目の焦点があっていなくて口がぽかんとあいていて、そこからは水がだらだら、

続きを読む...

カンポ・ディ・フィオーリ

campo-de-fiori-iconeローマできれいに野菜が並んだ絵に描いたような青空市場を散歩するなら、
ここカンポ・ディ・フィオーリ。
広場の一角には大きな花屋さんがありきれい。
広場の名前のフィオーリは

続きを読む...

亀の噴水

tartaruga-iconeローマを歩けば噴水にあたるけれど、なかでもこの「亀の噴水」が美しいという人は多い。

ローマ料理を特徴づけた、ユダヤ料理が食べられる旧ユダヤ人街の小さな広場にある。

続きを読む...

バラッコ美術館〜小ファルネジーナ宮殿

icone-m-barracco建物は小ファルネジーナと呼ばれているが、建物にある百合の紋章からファルネーゼ家のものとされていたかららしい。

ところが百合はフランス軍の百合の紋章である。それでも

続きを読む...

スパーダ絵画館

ローマのルネッサンス地区にあるスパーダ宮殿の絵画館。
建物は内務省にもなっている。

17世紀を中心としたスパーダ枢機卿の絵画のコレクションと、ぜひ見たいのは

続きを読む...








著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト