もうじき終点、古代から生き続けた水道





icone-vergineスペイン広場からトレヴィの泉を歩いていると、柵に囲われた、水道橋を思わせる遺跡らしき物に出会う。
トラヴァーティンの3つのアーチが道路より地下に、建物にはさまれて並んでいる。
この遺跡は

11の古代ローマ水道のうち6番目の水道、ヴィルゴ水道。
アグリッパにより完成されたもの。




virgo


後の皇帝、ティベリウス、クラウディウス、さらに時代を経てハドリアヌス1世、ニコラウス5世たちにより手が加えられてきたおかげで、古代から今日まで機能し続けた唯一の水道となった。
また、そのほとんどが地下を流れているため、ゴート族らの侵入の破壊の手から免れたともいわれている。

水源は、ローマの東8マイルのところ、Via Collatina沿いのサローネ地区のアニエネ川。
ローマ市内にはピンチョの丘のムーロ・トルト辺りから入ってきて、
カンポ・マルツィオまで引かれた。
アグリッパ浴場のためである。
古代ローマ時代も、その終点はトレヴィの泉のあるところで、
aqua virgoとラテン名から、500年代の教皇ピウス4世、5世の時代に
ジェコモ・デッラ・ポルタに再生された水路の、イタリア語のacqua vergineが重なる。
水道の終点はオリジナルのものと同じトレヴィの泉で、
水道の終点を讃える装飾建築モストラがニコラ・サルヴィにより飾られ、
今日もトレヴィの泉として世界からの観光客を楽しませてくれている。


終点に近づいた、歴史地区のヴィルゴ水道の断片


JavaScript must be enabled in order for you to use Google Maps.
However, it seems JavaScript is either disabled or not supported by your browser.
To view Google Maps, enable JavaScript by changing your browser options, and then try again.













Bookmark and Share







著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト