ピア門からノメンターナ界隈

 

ピア門からノメンターナ界隈

 

ピア門はミケランジェロが手がけた最後の建築といわれ、またこの門は

イタリア統一運動の時に、ローマに軍隊がここから進入したとして記念碑的な門である。

実際は門から数十メートルの壁を壊したのであるが。

この門からまっすぐ伸びるノメンターナ街道沿いには現在では豪奢な集合住宅が並び、

またこの界隈には大きな公園も点在し、緑が多いエリア。

街道沿いには古代ローマの法に則って、壁の外ということで

地下共同墓地があり、まれに廟を見ることもある。

ローマにとってテヴェレともうひとつ大切な川、アニエネ川が流れているのもこの界隈で、

湧水から飲料水を購入することもできる。

 

折衷様式とも後期ゴシック様式ともとれる、一風変わった建築群も見ることができる。

公園が多いので、美術館がてら、空の下でランチをとるのもおすすめ。

 

 

■このエリアの最寄り駅

 

■お散歩INDEX

 


 

 

 


 

 

 

サンタ・アニェーゼ・フオーリ・レ・ムーラ聖堂

agnese-icone旧アッピア街道やオスティエンセ通りと同じように、ノメンターナ街道はかつてのローマの街を取り囲む壁の「外」に向かって伸びています。

このノメンターナ街道沿いからその真下にあるカタコンベ(地下墓地)の上に建てられたのがサンタ・アニェーゼ・フオーリ・レ・ムーラ聖堂です。

続きを読む...

サンタ・コスタンツァ教会

costanza-iconeローマの地図で言うと、テルミニ駅の右上から左上に伸びる通り、ノメンターナ街道沿いにある、
霊廟が教会になった例の初期キリスト教建築。
ノメンターナ街道沿いにはカタコンベ(地下墓地)があり、

続きを読む...

ボローニャ広場の郵便局 ノメンターノ郵便局

icone-ppostale-nomentano1920-30年代のムッソリーニ政権下における、新しい4つの郵便局の計画のうちのひとつで、

ノメンターナ地区の郵便局として、計画された。

建築家はマリオ・リドルフィで、イタリア合理主義建築の建築の中で、

続きを読む...

ピア門

icone-piaミケランジェロの最後の建築作品であるポルタ・ピア(ピア門)はリソルジメント、イタリア統一運動で重要な場所のひとつでもある。

教皇統治の街として最後までイタリア統一に抵抗したローマに、

続きを読む...

不思議な空間、コッペデ地区

coppede-iconeトラムや車が行き交うにぎやかなレジーナ・マルゲリータ通りとサラーリア街道が交差する辺りで一本道を入ると不思議な空間に出会います。
それが典型的なローマの街並みではないから不思議と表現されるのではなく、

続きを読む...

王子の館

principi-iconeアレッサンドロ・トルローニア王によって王子たちのたちのためにつくられた館で、現在、地階は蔵書庫、

地上階は企画美術展のための美術館となっている。

小さいながらも洗練された館は古代ギリシャや古代ローマの風景画が壁に描かれている。

続きを読む...

フクロウの館

icone-civetteトルローニア公園内にある、フクロウの館の名で呼ばれる建物は、ここはどこかのテーマパークかと思わせる

独特の雰囲気をもつ。

 

1840年にアレッサンドロ・トルローニア王がジュゼッペ・ジャッペッリに命じて建て、

1938年まで王家の血を引くジョヴァンニ・トルローニア・ジュニアが住んでいた。

 

 

続きを読む...

貴族の館

icone-torlonia貴族の館(カジーノ・ノービレ)はトルローニア公園の中にある建物のひとつで、ローマの最後の王家のひとつ、トルローニア家の屋敷であり、現在はローマ市営の美術館になっている。

ファシズム政権の独裁者ムッソリーニはローマの最後の

続きを読む...

トルローニア公園

icone-villa-torloniaトルローニア公園は歴史の場面に登場する。
ムッソリーニが1925年から1943年まで貴族の館、カジーノ・ノービレに住んでいたため、
公園内の敷地は、乗馬やテニスなどムッソリーニが

続きを読む...

ボルゲーゼ美術館

緑豊かなボルゲーゼ公園の中にある美術館。
建物の詳細はこちらで。

ルネッサンス期のラッファエッロ、バロック期のカラヴァッジョ、ベッリーニやヴェロネーゼなどヴェネト派の代表作のコレクションから、また、ベルニーニ、カノーヴァといった

続きを読む...

MACRO 現代アート美術館

100-macro現代アートをローマで楽しむならこちらの美術館。

MACROはMUSEO D'ARTE COMTEMPORANE ROMAの略。

ローマ現代アート美術館。

ローマの市営美術館の一つ。

続きを読む...








著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト