ネルヴィのパラッツォ・デッロ・スポルト





sporto-icone宇宙から降り立ったような体育館、パラッツォ・デッロ・スポルト。ピエルルイージ・ネルヴィ設計の体育館。

近代建築史に登場する作品。

1960年のローマ・オリンピックにむけて建設されたもののひとつ。

360度をギャラリーに囲まれた形式の平面は直径約100メートルの正円となっている。

円形というのは古代ローマ時代からの競技場の建築で、いわば「覆われた円形競技場」。

プレファブ構法が採用されている。

 

隣の敷地は当時のオリンピック選手村。

現在は賃貸アパートや、B&Bになっている。

スタンダードなイタリアのアパルタメントより小ぶりなつくりである。

通り名に世界中の名前がついているので、歩いているとちょっとした世界一周旅行をしている気分。

 

sporto-1

今日も現役で、スポーツだけではなくイベントも行われる。

 

 

 

 

近くに2004年オープンしたレンゾ・ピアノの音楽ホール、Auditorium Parco della musicaと

2010年にオープンした、ザハ・ハディドのMAXXIこと国立21世紀美術館があるので、

この辺りは近代・現代建築巡りを楽しむことができる。

 

 


 ■ Pallazo dello Sporto da Pier Luigi Nervi

■ パラッツォ・デッロ・スポルト(パラツェット)-ピエルルイジ・ネルヴィ設計

 

Piazza Appolodoro, Roma

 

200px-metropolitana_di_roma.svg メトロA線 Flaminio(フラミニオ)駅 から2番のバスPiazza ManziniでApollodoro(アポッロドーロ)停車場下車

もしくはバスMで終点のレンゾ・ピアノの音楽ホール、Parco della Musucaに行くと、ホールの正面から見える。

 





Bookmark and Share

著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト