古戦場か恋人の聖地か、ミルヴィオ橋





milvio-icone歴史の上では古戦場として、恋する若者の間では、話題のピークが過ぎたにしても恋人の聖地として有名な橋。

ポポロ広場から北にのびるフラミニア街道をまっすぐ北上して

テヴェレ川を渡るところがミルヴィオ橋。

16世紀に増え始めたヨーロッパからの巡礼者や18世紀に流行したグランドツアーの旅行者達はここからローマに入り、ここでローマに別れを告げたという。

 

milvio

テヴェレ川左岸側の門の2階はちょっとしたギャラリーになっている。

 

ピークは過ぎたといえでも恋人達が南京錠をかけるのは今でも健在。

ちょっと疲れ気味の移民が願掛け用の南京錠を売っていたり、写真を撮るように依頼されたりなど、静かに恋人の聖地は生きている。

もともとは、外灯につけていたのだが、重みで折れてしまったことから専用の鉄柵が置かれた。

ちょっとおみくじを巻きつける感覚で。

 

橋を渡る前のエリアは1960年のローマオリンピック開催時の選手村。

現在は賃貸アパルタメントになったり、B&Bであったり。

 

milvio-1

milvio-2

 

■ ミルヴィオ橋

Ponte Milvio

 

メトロA線 フラミニオ駅からバス2番でPiazza Salvin Consalvi

 

 

 





Bookmark and Share

著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト