スタディオ・オリンピコとフォロ・イタリコ





olimpico-obelisco1960年に開催されたローマオリンピックで競技会場となった複合スポーツ施設。その起源はファシズム時代に遡る。当時はムッソリーニのフォーラムと呼ばれていた。

現在でも施設の入り口にはムッソリーニの

名が刻まれた巨大なオベリスクや、ファシズム時代のモザイクが床に残されている。

中でもスタディオ・オリンピコはサッカーセリエAの常駐チームであるASローマとラツィオのホームグランドになっており、ローマダービーが開催される日はローマでもっとも熱い場所。

 

最近では2009年の世界水泳選手権が記憶に新しい。

 

テヴェレ側にかかるドゥーカ・アオスタ橋を渡ると巨大なオベリスクに出迎えられる。

そこがフォロ・イタリコの入り口になる。

門を入ると床にはファシズム時代のモザイクが一面に広がる。

DVCE DVCE=DUCE DUCE 総統、総統、とはムッソリーニのこと。

ドキュメンタリーや映画の中にも見られる、腕を高く掲げる独特のポーズ。

olimpico-obelisco

 

olimpico-pavimento-1

 

olimpico-pavimento-2

 

正面にはスタディオ・オリンピコ

olimpico

競技場に向かって右に、いかにもファシズム時代らしい競技場が見えてくる。

著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト