ガリバルディ義勇軍兵士の納骨堂





icone-mausoleo-galibaldino

”ローマのために戦った戦死者に”と彫られたモニュメントがジャニコロの丘の上に建っている。

イタリア統一運動で最後までイタリア統一に抵抗したローマのために命を落とした戦士たちの墓碑である。

1849年、ナポレオン3世が送った

フランス軍とジュゼッペ・ガリバルディ率いる義勇軍がジャニコロの丘の上で、

勝利はするものの、多くの犠牲者を出しながら戦った。

 

イタリア統一運動の戦いに加わった中には、ニーノ・コスタやゴッフレード・マメリら、若い芸術家も含まれた。

ニーノ・コスタは絵画の印象派にも影響を与えた画家のひとりであり、

マメリはイタリアの国家の作詞者としても名が通っており、イタリアの国家はマメリの歌と呼ばれる。

 

碑は、向かいのサン・ピエトロ・イン・モントーリオ教会ことブラマンテのテンピエットのところに

1879年に建てられたものが、1941年に建築家ジョヴァンニ・イァコブッチの設計で移築された。

内部は戦没者の名前が刻まれ、マメリもここで眠っている。

中央にはローマの象徴ともいえる雌狼と双子のレリーフが置かれている。

 

この碑の並びの通りを行き、丘の頂上の広場が展けてくると、そこにはガリバルディの騎馬像がある。

周囲には戦没者の胸像が小径にそって並んでおり、この丘でどれだけ多くの地が流されたかがわかる。

 

 

mausoleo-galibaldino-1

 

 


 

■ガリバルディ義勇軍兵士部隊の納骨堂

Mausoleo Ossario Galibaldino

 

 

 


より大きな地図で ローマをお散歩 を表示

 

 

 

 

 





Bookmark and Share

著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト