モレッティの青年の家





icone-casagioventu

蚤の市で知られるポルタ・ポルテーゼがある通りに、ルイジ・モレッティの「トラステヴェレの青年の家」と呼ばれるユースホステルであった建物がある。現在は

 

そのホールは展示のための空間となっていて、建築にちなんだ企画展などが催されている。

 

外部から建物の全貌を捉えるのは難しいが、

エントランスを含む塔のような白い面に彫られてあるスローガンが

建築の様式としてのイタリア合理主義というより、

ファシズム建築というくくりである印象をより強くさせる。

 

ルイジ・モレッティという若くして才能を発揮した建築家が、

大々的に語られないのは、本人のファシズムへの傾倒の強さが

大戦後の負のイメージのファシズムと重なるからであろうか。

 

内部の階段ホールに掲げられた、アフリカ大陸の地図も

ファシズム政権の植民地政策が描かれたもので

この建物が青年の家として計画されたことに気づき、驚愕する。

 

casa-gioventu-0

 

 

ー勝たなくてはならない。

より必要なのは戦うことだ。

 

とある。

上部にある Littorio リットーリオとは元来は古代ローマ時代の役人が持っていた棒の束であるが

権力の象徴としてファシズム時代に使われたため、当時建設されたリットーリオ宮殿という名前などは

残されていない。

 

建築について追記予定。

 

 


 ■トラステヴェレの青年の家(1933年)

建築家 ルイジ・モレッティ

 

オスティエンセもしくはトラステヴェレ駅からバス3B でトラステヴェレ大通り下車

トラム8番 

 


より大きな地図で Razionalismo〜イタリア合理主義建築 を表示
イタリア合理主義建築つながりで、近くには映画館、Nuovo Sacher がある。




Bookmark and Share

著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト