ローマっ子に愛される足、ピエ・ディ・マルモ





icone-pie-di-marmoパンテオン界隈をコルソ通り方面に歩いて, ふと、車をよけて脇にそれると突然現れる巨大な

足。ローマの街中にある語り継がれた遺跡のかけらたちの中でローマっ子にとても愛されているといわれるPie' di marmo(ピエ・ディ・マルモ)こと「大理石の足」。


pie-di-marmo-1



近くのパンテオンしかり、サンタ・マリア・ミネルヴァ・ソープラ教会しかり、今日ではカトリック教会の建物も古代ローマの時代は神殿であった。
神殿に置かれていた巨大な像の足の片割れであるとされている。
では、いったいどなたの足となると、さすがに足の甲だけでは特定されず、
かつてこの辺りにあった神殿から、ローマ帝政時代に信仰が流行ったエジプト神のイーシスかセラピスのものというのがもっぱらの説である。

また、1878年のヴィットリオ・エマヌエーレⅡ世の葬儀の際に、足が道路に出っ張っていて、式典の妨げになるということで、少しばかり移設された。
ということで現在は、自身の名前がついた通り、Via del Pie' di marmo通りから、Via Santo Stefano del Cacco通りをのぞかないといけない。

2011年にきれいになってローマっ子の前に再びお目見えしたけれど、
白すぎる、囲いができた、とやや不評。
確かに、壁だの囲いだのって、昔のローマ人が聞いたら悲しみそうである。


Pie' di marmo
ピエ・ディ・マルモ(「大理石の足」)

Via del pie' di marmo
聖イニャツィオ教会の裏のコレッジョ・ローマの近く。


pie-di-marmo-1.jpg  pie-di-marmo-02.jpg  pie-di-marmo-3  pie-di-marmo-4 


JavaScript must be enabled in order for you to use Google Maps.
However, it seems JavaScript is either disabled or not supported by your browser.
To view Google Maps, enable JavaScript by changing your browser options, and then try again.





 





Bookmark and Share

著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト