ツッカリの家





icone-zuccari

優美なスペイン階段を上って、スペイン階段から見下ろせるローマを眺めて街を満喫したあと、階段の上のトリニタ・ディ・モンティ教会の前を通る道を行くと、

少々風変わりな建物に出会う。

 

システィーナ通りとグレゴリアーナ通りが出会う叉路にはさまれた、細めの建物は

マニエリズム様式の変わった建物。

入口のキャノピーのあたりが、バロックに見られるような要素があるが、

この建物がルネッサンス、マニエリズム期の画家でもあり建築家でもある

フェデリーコ・ツッカリによって建てられた時は、

まだベルニーニもボッロミーニも活躍をはじめていない頃であった。

1500年代の終わりにここの土地を手に入れたツッカリが、

芸術家たちのための家として建てた。

グレゴリアーナ通りを行くと、飲み込まれそうな扉と窓に出会う。

ヴィテルボ近郊にあるボマルツォにある、怪物の森から

影響を受けていることは想像に難くない。

 

その後、ツッカリ家の手を離れてからも、

この建物はグランドツアーの際の旅行者の受け入れ場所であったり、

ドイツのヘルツ図書館であったりと

つねに芸術に関わってきた。

 

 

■ツッカリの家

Palazetto di Zuccari

Casa Zuccari

 

 

 

Via Gregoriana,30  Roma

 

 

 

 

 

 





Bookmark and Share







著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト