ピア門





icone-piaミケランジェロの最後の建築作品であるポルタ・ピア(ピア門)はリソルジメント、イタリア統一運動で重要な場所のひとつでもある。

教皇統治の街として最後までイタリア統一に抵抗したローマに、

当時の首都トリノから王家が軍隊を送る。
ローマに進軍するために、ローマ帝国の防衛のシンボルであるアウレリアヌスの壁を破壊する。

これを機にローマも他に遅れること10年、統一イタリアに併合され、その翌年王政下の統一イタリアの首都となるわけである。

現在でもポルタ・ピアの内側には当時の愛国主義をたたえる像が建っており、

狙撃兵歴史博物館となっている。 

 

ピア門の壁の外には、いざローマに入らんとする、兵の像があり、

ムッソリーニの言葉が添えられているが、実際は門を突破したのではなく、

ボルゲーゼ公園に寄りの壁をぶち破ってローマに進軍した。

壊された壁にもモニュメントが建っている。

 

 

 


 

 

■写真ギャラリー(クリックで拡大)

 

pia1.jpg  pia2.jpg  pia3.jpg  pia4.jpg








Bookmark and Share

著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト