ハドリアヌスの神殿-現・証券取引所





tempio-adriano-iconeVia del Corsoからパンテオンの方へ歩いていると、ふと神殿らしき柱が並んだ小さな広場が開けます。

美しいものを愛し、審美眼のあった皇帝ハドリアヌスを神として崇めたハドリアヌスの神殿です。

正面左には建物が時代のかけ離れた建物が食い込んでいます。神殿より1500年ほど新しい、17世紀の建物です。

ここは現在はローマの証券取引所となっています。

ローマも首都ですから証券取引所があって当然ですが、なんかピンときませんね。

イタリアで経済というとどうしてもミラノやトリノのような北の都市を思い浮かべてしまいます。

 

tempio-adriano-2

 

証券取引所はもともと教皇の特別注文の家で、建築家カルロ・フォンターナとその息子が1600年代の終わりに完成させました。

 

tempio-adriano-1

現在、柱が見えているのはもとの神殿の南側の15mの高さのコーニス式の柱とその背後に見える孔の開いた壁。

やや色がついているは、ローマの南のアルバーニで採れる火山の噴火できたペペリーノという石です。

火山の国だったことを思い出させます。

色は違いますが、日本ではトラバーチンとして一時期よく使われた石も、孔のあいた、似たような感じの石です。

 

この神殿のレリーフの多くは、カピトリーニ美術館で見ることができます。

 

 

 


 

ハドリアヌスの神殿

現・ローマ証券取引所

 

Piazza di Pietra

 

 

 

 





Bookmark and Share







著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト