サンタ・マリア・ソープラ・ミネルヴァ教会





minerva-iconeローマで数少ないゴシック様式の例を見るならこちら、象さんがオベリスクを背負ったモニュメントがおなじみの教会、サンタ・マリア・ソープラ・ミネルヴァ教会です。

教会前の広場で出迎えてくれる象がオベリスクを背負ったデザインの彫刻はバロック天才・ベルニーニのデザインによるものです。

実際はエルコーレ・フェッラータが仕上げました。

もともとベルニーニのパトロンであるバルベリーニ家のバルベリーニ宮殿に置く予定であったという説があります。

オベリスクはこの教会の修道院の庭先で見つかった古代のオベリスクで、古代とバロックが融合した、なんとも「ローマ」なオベリスクです。

minerva-1

教会は、名前を直訳すると「ミネルヴァの上の聖マリア教会」であるように、古代ローマ時代のミネルヴァ神殿がここにあったとされます。

内部はローマでは数例しかないゴシック様式のひとつで、ファサードのシンプルなデザインとは裏腹に、ローマを代表してコズマーティ様式や、

スカーナやヴェネト方面の芸術家達の競演の場となっています。

minerva-4

ローマの他の教会とはなんとなく違う雰囲気。

minerva-5

青い天井に星がちりばめられているのはゴシックの典型

 

フィレンツェのサンマルコ修道院のフレスコ画で有名な僧にして画家であるベアト・アンジェリコことフラ・アンジェリコのお墓もあります。

現在は痛まないように床から少し高い位置に置かれています。

 

minerva-angelico

シエナのカテリーナも1308年にローマで息をひきとりここに眠っています。

 

バロック時代のものでは奥の出入り口にはベルニーニによる彫刻があります。

 

メディチ家出身の教皇、レオ10世とクレメンス7世のお墓もあります。

minerva-3

 

また正面の祭壇の階段の脇にはミケランジェロが作り始めたというイエスの彫刻があります。

ラッファエーレ・ダ・ルーポが仕上たとされていますが、実際にみて、ミケランジェロが手がけたかは正直なところわかりませんでした。

みなさんはどのように感じるでしょうか。

 

 

パンテオンのすぐ脇にありますので足を延ばしてみてください。

オベリスクを背負った像が目印です。

 


 

■ サンタ・マリア・ソープラ・ミネルヴァ教会(ドメニコ派)

Santa Maria Sopra Minerva

 

Piazza della Minerva, 24  Roma

 

 





Bookmark and Share







著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト