サン・ロレンツォ・フオーリ・レ・ムーラ聖堂





icone-san-lorenzo-v第二次世界大戦中、1943年に連合軍より爆撃を受けたローマの聖堂。
この聖堂があるサン・ロレンツォ地区は空爆の被害を受けたローマのエリア。
全壊は免れたものの、ファサードのモザイクのは修復に至らなかった。
古い写真を見るとトラステヴェレにある

サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ教会のファサードのようであった。
空爆により、ポルティコ(前回廊)も破壊されてたが、フレスコ画は幸いにも残った。

この教会は、二つの教会があわさって現在の姿になったので、内部の空間は、なかなかおもしろい。

聖堂の起源は、聖人ロレンティウスがローマで258年に殉教して葬られたところに
コンスタンティヌス帝が教会を建立した4世紀にさかのぼる。
6世紀には、教皇ペルギウスがマリアを祀った別の教会を隣に建て、
コンスタンティヌス帝の教会はその後の大修復まで忘れられた存在
であったといわれている。

13世紀に教皇ホリノウス3世による大規模な改築が行われ、
ロレンティウスを祀ったコンスタンティヌス時代のの教会と
ペルギウス時代のマリアを祀った教会がひとつになった。
19世紀にも増改築が行われ、空爆の後の修復後が現在の姿、
となっている。

ポルティコには、政治家ガスパリの墓碑があり、彫刻家のジャコモ・マンズーが
手がけている。
同じポルティコの空爆を逃れたフレスコ画、ロレンティウスとステファヌスの生涯も
見事である。

コズマーティ様式の床や説教壇などもよく保存されている。
地下の礼拝堂は絢爛豪華な印象の黄金色の装飾である。
ロマネスクの修道院の回廊もある。

 


■ギャラリー(クリックで写真拡大)

 

 

         


 

 


 

 

■サン・ロレンツォ・フオーリ・レ・ムーラ聖堂/ヴェラーノのサン・ロレンツォ教会
 San Lorenzo fuori le mura/ Basilica di  San Lorenzo al Verano

 

■アクセス
トラム3番 Veranoヴェラーノ下車

朝-12:00
15:00-

 

ヴェラーノ墓地の入口横のヴェラーノ墓地にはローマに愛された俳優たちが眠っている

Piazzale del Verano,3 Roma

 

 

 

 

 





Bookmark and Share

著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト