ポンテ・ロット(壊れた橋)





23-ponte-rottoPonte Rotto
ポンテ・ロット(壊れた橋)















23-ponte-rotto

 

Ponte Rotto
ポンテ・ロット(壊れた橋)




現在は橋脚のアーチがひとつしかない、橋としては機能していない遺跡で、
ポンテ・ロット(壊れた橋)としてティベリーナ島の下流側にあります。
かつてエミリオ橋と呼ばれた橋の起源はは古代ローマ時代まで遡ります。

その後壊れた橋は絵にあるように修復を何度か繰り返し、
現在では紀元前2世紀のオリジナルの部分だけが残されています。
橋としては機能しておりません。
当時の橋の先には通行料を徴収した物見櫓が建っていて、今は中世に櫓を邸宅として改築した
クレシェンツシの塔」として残っています。
また、エットーレ・ロースラー・フランツはその元物見櫓をこの失われたローマシリーズで、
コーラ・ディ・リエンツォの家といわれた家と題して描いています。

古代ローマ時代に野菜市場などがあったボアリム広場からテヴェレの反対側、トラステヴェレに渡る橋だったわけです。

ponte-rotto
現在のポンテ・ロット(壊れた橋)
背後の橋はパラティーノ橋。
ポンテ・ロット(壊れた橋)についてはこちら。

「失われたローマ」散歩マップはこちら





Bookmark and Share







著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト