ドラベッラのアーチと古代の道





icone-clivus-scauri

サント・ステファノロトンド教会サンタ・マリア・イン・ドムニカ教会の方から歩いてくると、

門がある。

紀元10年に執政官カイウス・ユリウス・シラヌスとコルネリウス・ドラベッラによりつくられた門で

 

ドラベッラのアーチと呼ばれている。

 

 

clivus-scauri-1

3世紀までローマの街を囲んでいたセルウィウスの壁の門とされている。

後に皇帝ネロがクラウディウス水道をパラティーノの丘への拡張工事を行った時に

支えとしたという。

壁と水道橋の遺跡が交差しているような形になっているのがわかる。

道が交差する広場の端に建っていて、続く道を広場から見ているとなんとなくくぐりたくなる。

そこをくぐって歩いていくとと、連続するアーチが現れる。

幾重にも重なるアーチは、中世にローマが度重なる侵攻を受けた時に

防御のために設けられたもので、通りの端のアーチひとつのみはノルマン人に

侵攻された時のもの。

ひとつだけ色が違うのですぐわかるだろう。

奥に重なるアーチはゴート族が侵攻した時のものだという。

アーチの下にひっそりと入口のある古代ローマの家の学芸員がそう説明してくれた。

アーチの下をくぐる通りはパラティーノの丘とチェリオの丘をつなぐ「スカウルスの小さな丘」という名前の通り。

スカウルスの小さな丘通りは、アッピア街道などのインフラストラクチュアとしての街道ではないが、

古代から残る道である。

古代は共和制ローマ時代の執政官、マルクス・アエミリウス・スカウルスに由来する。

 

この続いた一本の道の両脇には、長くそして常に変化してきたローマの歴史を断片的に語る遺跡が並んでいる。

細く、道行く人も多くはないが、とても興味深い道である。

通り抜けてしまうにはもったいない。

古代ローマのドムスの上に建てられた教会、サン・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会もこの通りにある。

 

連続したアーチをくぐりぬけるとその向こうはパラティーノの丘だ。

 

flying-buttess 

 

 

 

 

 

 

 

 


■ドラベッラのアーチと古代の道、クリウス・スカウリ通り

Arco di Dolabella e Via Clivus Scauri

 

Via di San Paolo della Croce

Via Clivus Scauri

 

 

 


より大きな地図で ローマをお散歩 を表示

 

 

 

 

 





Bookmark and Share







著作権おける注意事項

このホームページ内の文章・写真、画像、動画、書類の著作権はroma-apiedi.comにあり、これらの無断での加工・転送・配布は法律により禁じられております。

免責事項

当ホームページでは掲載する情報について、十分な注意を払っておりますが、内容について変動するものもあり、正確さ・妥当性について保証はするものではありません。

いかなる損害について責任を負うものではありません。事前に再確認してから情報をご利用ください。

 

スポンサーサイト