ローマ国立博物館-ディオクレティアヌス浴場

ローマ国立博物館の4つのひとつで、テルミニ駅近くのディオクレティアヌスの浴場にある。
浴場は紀元3世紀の終わりか4世紀の初めころに造られたとされている。
16世紀には教皇ピウス4世がミケランジェロにバジリカへの改築を依頼し、興味深い変遷を持った建物となっている。

1889年にはローマ国立博物館となり、古代彫刻からさまざまなところで発掘されたものが展示されている。
ラティーノ族の古代ラティウムの考古学品なども持っている。


■ ローマ国立博物館 ディオクレティアヌス浴場
Museo Nazionale Romana Terme di Diocreziono

Via Enrico de Nicola 79

開館時間
火曜-日曜日 9:00 – 19:45
チケット売り場は閉館の1時間前に閉まる。

月曜日、1/1、12 /25 休館

入館料 7ユーロ
3日間有効で、マッシモ宮、バルボのクリプタ、アルテンプス宮とあわせて1回ずつ入場できる。

Info
+39.06.39967700 (月曜-土曜日 9:00-13:30 、14:30-17:00)
前売り券 www.pierreci.it

※この記事の内容は掲載時のものであり、現在と異なる場合があります。

 

 

 

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

テルミニ駅とエスクイリーノ界隈 食べる・飲む

建築会館内のカフェ、Caffe’ Progetto

テルミニ駅から近いものの、観光エリアとはちょっと違うエスクイリーノの界隈。今日ではすっかり移民が目立つエリアになりました。

続きを読む
外からでも金網越しによく見える::全容がわからないので想像を掻き立てる
トゥスコラーナからチネチッタ 遺跡・建築

セプティミウス・バッススのヴィッラ

ここに来たとき、ローマの街にある古代ローマ時代の遺跡の数の多さを改めて思った。 見渡す限り広がる草原に崩れかけた遺跡。管理所の手間を考えてのことであろう、 常に一般公開されているわけではなく、

続きを読む
トラステヴェレとジャニコロの丘 遺跡・建築

モレッティの青年の家

蚤の市で知られるポルタ・ポルテーゼがある通りに、ルイジ・モレッティの「トラステヴェレの青年の家」と呼ばれるユースホステルであった建物がある。現在はそのホールは展示のための空間となっていて、建築にちなんだ企画展などが催されている。

続きを読む