スタディオ・オリンピコとフォロ・イタリコ

olimpico-obelisco1960年に開催されたローマオリンピックで競技会場となった複合スポーツ施設。その起源はファシズム時代に遡る。当時はムッソリーニのフォーラムと呼ばれていた。

現在でも施設の入り口にはムッソリーニの


名が刻まれた巨大なオベリスクや、ファシズム時代のモザイクが床に残されている。

中でもスタディオ・オリンピコはサッカーセリエAの常駐チームであるASローマとラツィオのホームグランドになっており、ローマダービーが開催される日はローマでもっとも熱い場所。

 

最近では2009年の世界水泳選手権が記憶に新しい。

 

テヴェレ側にかかるドゥーカ・アオスタ橋を渡ると巨大なオベリスクに出迎えられる。

そこがフォロ・イタリコの入り口になる。

門を入ると床にはファシズム時代のモザイクが一面に広がる。

DVCE DVCE=DUCE DUCE 総統、総統、とはムッソリーニのこと。

ドキュメンタリーや映画の中にも見られる、腕を高く掲げる独特のポーズ。

olimpico-obelisco

 

olimpico-pavimento-1

 

olimpico-pavimento-2

 

正面にはスタディオ・オリンピコ

olimpico

競技場に向かって右に、いかにもファシズム時代らしい競技場が見えてくる。


 

italico-1

 

italico-2

 

筋骨隆々の大理石のアスリートがずらりと並ぶのは大理石スタジアムと呼ばれ、市民も太陽の下、

憩う。

ビアンコ・カラーラの大理石の像は60体に及ぶが、

実際は一体足りない59体。

イタリア合理主義建築を代表する建築のひとつで、1935年にエンリコ・デル・デッビオにより完成。

デッビオはこのスタジアムのほか、フォロ・イタリコの中では入り口のオベリスクの近くのレンガ色の建物の体育・教育アカデミーの校舎にも携わっている。

 

italico-3

italico-4

 

olimpico-intero

 

オベリスクの近くの建物は屋内競泳プールがあり、

壁のモザイクが美しい。

 

italico-piscina

 

 


■ スタディオ・オリンピコとフォロ・イタリコ ■

Stadio Olimpico Foro Italico

 

200px-metropolitana_di_roma.svg メトロA線 Flaminio(フラミニオ)駅から2番のバスで、

フラミニオ街道を折り返したPiazza Mancini(マンチーニ広場)下車 ドゥーカ・ダオスタ橋を渡ってすぐ。

 

{mosmap lat=’41.931688’|lon=’12.45914’|text=’イタリア合理主義建築とローマオリンピックとASローマとラツィオと。’}

 

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

外からでも金網越しによく見える::全容がわからないので想像を掻き立てる
トゥスコラーナからチネチッタ 遺跡・建築

セプティミウス・バッススのヴィッラ

ここに来たとき、ローマの街にある古代ローマ時代の遺跡の数の多さを改めて思った。 見渡す限り広がる草原に崩れかけた遺跡。管理所の手間を考えてのことであろう、 常に一般公開されているわけではなく、

続きを読む
トラステヴェレとジャニコロの丘 遺跡・建築

モレッティの青年の家

蚤の市で知られるポルタ・ポルテーゼがある通りに、ルイジ・モレッティの「トラステヴェレの青年の家」と呼ばれるユースホステルであった建物がある。現在はそのホールは展示のための空間となっていて、建築にちなんだ企画展などが催されている。

続きを読む
エリア トラステヴェレとジャニコロの丘 遺跡・建築

ガリバルディ義勇軍兵士の納骨堂

”ローマのために戦った戦死者に”と彫られたモニュメントがジャニコロの丘の上に建っている。イタリア統一運動で最後までイタリア統一に抵抗したローマのために命を落とした戦士たちの墓碑である。1849年、ナポレオン3世が送ったイタリア統一運動の戦いに加わった中には、ニーノ・コスタやゴッフレード・マメリら、若い芸術家も含まれた。ニーノ・コスタは絵画の印象派にも影響を与えた画家のひとりであり、マメリはイタリアの国家の作詞者としても名が通っており、イタリアの国家はマメリの歌と呼ばれる。

続きを読む