カピトリーニ美術館

教皇シクトゥス4世がローマに縁のあるものを寄贈したことから始まる、世界で最も古い博物館、カピトリーニ美術館。
美術館の始まりは、1417年に遡る。
カンピドーリオの丘の頂上の4つの建物に入っている。

ローマのアイコン的シンボルの雌狼とロムルスとレムスのオリジナルの像、
カンピドーリオ広場にあるアウレリウス帝のオリジナルの像や、
巨大なコンスタンティヌス帝の像の一部などの彫刻のほか、
絵画館ではカラヴァッジョ、ルーベンスを見ることができる。

テラス付のカフェがあり、そこからローマの街が一望できる。
空が赤く染まり始める時間帯が素敵。
ローマには7つの丘があるのでローマの街が一望できるところはいろいろあるが、
それぞれの表情があってよい。
また、フォロ・ロマーノも一望できるところも順路に入っています。

4つの建物を上がったり下がったりして見るので、順路が複雑に感じられる。
できるだけ多く見たければ、時間を余裕に空けておくのがおすすめ。

館内にはキャッシュ・ディスペンサーもある。
街中ほど背後を気にせず利用することができる。

常設展示の他に企画展覧会も行っている。

彫刻の一部は、別館としてオスティエンセ地区にカピトリーニ美術館別館として
かつての発電所をリノベーションしたチェントラーレ・モンテマルティーニ美術館がある。
両方回るならば共通券がおすすめ。


カピトリーニ美術館
Musei Capitolini

Piazza del Campidoglio 1 – 00186 Roma

開館時間
火曜-日曜日: 9:00-20:00
12/24、12/31:9:00-14:00
チケット売り場は閉館時間の1時間前まで

月曜日、12/25、1/1、5/1は閉館

入館料
11 ユーロ

チェントラーレ・モンテマルティーニ美術館との共通券
13 ユーロ

ローマパスが利用できる。最初の2美術館は無料。3つめ以降は割引

ここのところ開催されている4月中旬から下旬のSettimana della Cultura 文化週間には割引になる。
その他、EU市民、美術、建築の現地の学生など割引がある。

オンラインチケット販売はこちら。(外部のホームページへ:イタリア語・英語・フランス語)

※この記事の内容は掲載時のものであり、現在と異なる場合があります。

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

ローマ発祥の地、パラティーノ

ローマ発祥の地、パラティーノ

  パラティーノ丘 ローマ建国の伝説はここから始まる。ローマ7つの丘のひとつで、 かつてユピテル神殿があった古代ローマにとって重要な丘。 雌狼に育てられたという双子の兄弟ロムルスとレムス。 この二人が育ったとい […]

続きを読む
カンポ・ディ・フィオーリ界隈 美術館・博物館

小ファルネジーナ宮殿/ピッコラファルネジーナ〜バラッコ美術館

建物は小ファルネジーナと呼ばれているが、建物にある百合の紋章からファルネーゼ家のものとされていたかららしい。 ところが百合はフランス軍の百合の紋章である。それでも

続きを読む
ローマ発祥の地、パラティーノ 広場・噴水

カンピドーリオ広場

今日ではカンピドーリオと呼ばれているが、ローマ発祥から重要な場所であったカピトリーノの丘の頂上にある広場。教皇ピウス3世の時代に、その命によってミケランジェロが設計した美しい広場。その敷石の幾何学の紋様はロゴにも使われたりもする、ローマの象徴のひとつともいえる。

続きを読む