サン・ピエトロとサン・パオロ教会

eur-p-p-icone

ローマの二人の守護聖人、ペテロとパウロの教会。
それぞれ、ヴァチカンのサン・ピエトロ大聖堂と、南のサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂に奉られているが、ここでは一緒に。


階段を上りきるとペテロとパオロの彫刻が出迎えてくれる。
ドメニコ・ポンツィとフランチェスコ・ナニによるもの。

向かって右が剣を持つパオロ、左が鍵を持つペテロ。

eur-p-p-1

 

eur-p-p-2

 

この辺りのローマ万国博覧会に向けたムッソリーニの都市計画の建築のひとつ。
1942年に予定されたこのローマ万国博覧会は第二次世界大戦の戦況の悪化により開催されなかった。

教会はアルナルド・フォスキーニによって設計され、1939年に完成。
教会の平面はラテン正十字の形をとり、シンプルな空間となっている。
中にはローマリバティの工芸家、ドゥイリオ・カンベロッティによるブロンズに
ペテロとパオロの物語がほどこされたブロンズの鋳物の説教台がある。

外はローマらしくトラバーティンで覆われている。

eur-p-p-3

 

実際に教会としての役割を果たすようになったのは1950年代に入ってからのこと。

 

 


■聖ペテロとパオロの教会

Santi Pietro e Paolo in Roma

 

Piazzale Santi Pietro e Paolo

 

{mosmap lat=’41.83356’|lon=’12.459759’|text=’聖ペテロとパオロの教会’}

ローマをお散歩編集人

ローマをお散歩編集人です。 街歩きのヒントが見つかるかもしれません。

関連記事

トラステヴェレとジャニコロの丘 教会

ローマで最も古いキリスト教会のひとつ、サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ教会

トラステヴェレ界隈の中心といえば、ここサンタ・マリア・イン・トラステヴェレ広場と そこに面する教会であろう。 ローマで最もふるいキリスト教会のひとつである。キリスト教が正式に宗教として認められてから

続きを読む
チェリオの丘とサンジョヴァンニ界隈 教会

サンタ・クローチェ・イン・ジェルサレンメ教会

教会の姿は比較的新しい様相であるが、由緒は古く、そして貴重な聖遺物が納められている、ローマ7教会のひとつである。 ジェルザレンメはイタリア語でエルサレム。エルサレム十字架教会となる。 古代ローマ帝国の時代にキリスト教を国 […]

続きを読む
チェリオの丘とサンジョヴァンニ界隈 教会

丸い教会、サント・ステファノ・ロトンド教会

ローマでは最も古い時代のキリスト教会 のひとつである。住宅も少ないため、人も少ない緑に囲まれたところにひっそりと佇む。道から少し入ったところにあり、緑にも覆われているため、教会の全体の姿を外から見分けるのは難しいが、

続きを読む